留めの底にわだかまれ 少年陰陽師
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

留めの底にわだかまれ 少年陰陽師

道は初めから敷かれていた――!? 衝撃の<道敷編>第3弾!
著者: 結城光流 (著者) / あさぎ桜 (イラスト)
シリーズ:少年陰陽師(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

件を従え昌浩の目の前に現れた人物は、すでに亡くなっているはずの柊子の妹・あやめだった! 彼女の姿に既視感を覚えた昌浩は、妙な胸騒ぎを感じる。そんな折、陰陽寮で敏次が倒れてしまい!? <道敷編>第3弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    囚われるものなどまだないと首を傾げて微笑んだ男がいた。夜よりも暗い一人ぼっちの留めの底で、誰にも変われない宿命と役目を背負いながら、それでも尚。留めの底にわだかまれ、この想いよ。今はもう少しだけ、蹲っていてくれ。力と運命を背負い切ろうとした男さえこの想いに弱くなってしまった。紅の花が散り、命を育む樹は枯れて、楸は誰も見届けぬ間に朽ちて、柊も今にも損なわれてしまいそう。未だ流れ去らぬ穢れた雨に根腐れを起こした世界には相応しくない。男が鎖を破り光のあたる所に現れた様に、いつかきっと清らな光を浴びる日がくるから 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    ぴちょん...は、もう聞きたくないなー。篤子や敏次助かってほしいな。もう、暗い展開じゃなくて、希望あるお話が読みたいです。また、昌浩が重いものを背負ってしまいました。そして、榎さんの過去がちょっと出てきたけど彼は、どんな予言をされたんだっけ?また、読み返してみなくちゃな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nono

    少年陰陽師「道敷編」第三弾。敏次が血を吐き、その余命は如何に。更に深まる都の木枯れ。昌浩のとった行動に彼の陰陽師としての成長を感じると共に、何年も前からの伏線の回収の気配に作者の思惑にのせられる。根こそぎ神気をこそげ取られた紅蓮の今後と共に、昌浩と藤花の二人の行く末も気になる。さて続きへ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっしー

    晴明を友と呼び名を馳せただけのことはあるんだと、改めて榎柳斎の凄さに気がつきました。昌浩も自身で考えて行動することが増えてきてますが…まさか最凶の紅蓮でさえ神気を奪われるとか、そうとう根深いなぁ。それぞれの思いを抱え、比古達の事もよくわからないまま…この物語はどこに向かっていくのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 白火

    敏次よかった!いやまだよくないけど!死亡フラグ取り敢えず一時停止中で一寸ほっとしました…。言われてみると全部繋がってる、うへえ。昌浩成長したけど、根幹はやっぱり変わってないなーとか高淤の神への挨拶の件で一寸くすっとした。そしてしれっと無茶を考える&する辺りほんと爺孫だこの二人。岦斎十分凄い陰陽師だったのか、ごめん半分くらいは自称だと思ってた(←)。そしてたゆらよかった生きてる!比古ともども無事とは言い難いようだけど、でも生きてるよ…次は何時だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK