暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 4

「そこの勇者よりもやるようなだな――面白い」
著者: 赤井まつり (著者) / 東西 (イラスト)
シリーズ:「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

クラスメイトとともに異世界に召喚された織田晶。「美男美女コンテスト」の裏に隠された陰謀を暴いた晶は、先に魔王城へ向かった勇者一行の後を追う。そして晶は魔族領前の最難関エリア“死の森”に到達。待っていたのは森で足止めされた勇者一行と異世界に存在し得ないロボットを操る少女で!?
「魔族領に行きたいのならば私を倒してからにしてもらおうか」
さらに魔族領への道が魔族の妨害工作で破壊されていたと判明する。別ルートで渡るには少女のスキルが必要となるのだが……!?
暗殺者の少年が神子の少女と最強を掴む異世界ファンタジー、第4巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • はる

    新刊久々すぎて内容うろ覚えだし話が進まないしで言うことがないね。 表紙の子も出番あんまり無いしで次巻が早く出ますように。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しゅがー

    級友達が今後どうなるのかが気になる 個々に才能を開花して成長していく姿を見てみたい あともう少し戦闘シーンがあっても良かったかも 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK