ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 3

千年の野望を粉砕せよ
著者: 寺王 (著者) / 由夜 (イラスト)
シリーズ:「ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

カリスマパーティーに正式加入したSランク冒険者のジード。次なる依頼はエルフ族が祀る神樹の“開花の儀式”の警護任務だった。ジードはパーティーメンバーとともにエルフの里へ向かうが、儀式前に里のギルド支部が何者かの襲撃を受ける。その水面下ではエルフ族支配の野望を抱く組織が暗躍しており!?
一方で今年のSランクを決める昇格試験が始まろうとしていた。クエナとシーラは試験会場へ赴くが、そこは危険極まる魔族領で!? さらにギルドの想定外の動きを見せた“七大魔貴族”により、試験には暗雲が立ち込めていた――。
超弩級新人冒険者の最強サクセスファンタジー、第3巻!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    カリスマパーティの一員として排他的なエルフの国へ出向く中、クエナやシーラ達が参加する昇格試験が元魔族領で開かれる今巻。―――求められるままに力を振るう、その個を指して勇者と呼ぶ。 エルフの国で襲い来る魔物やダークエルフ達を相手に無双したり、元魔族領で謎の魔族の少年、フューリーの依頼を受けて大暴れしたり。更にジードの活躍が高まり、名が売れていく中、彼を中心に世界が確かに変わり出す巻であり、将来の別離も予感させる巻である。果たしてその強さゆえに敵なしのジードは今度は何と戦うのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK