たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 12

弱くても立ち向かう勇気は誰にも負けない! 出会いを力に変える最強少年の大人気ファンタジー第12弾。
著者: サトウとシオ (著者) / 和狸ナオ (イラストレーター)
シリーズ:「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「軍事演習か、緊張するなぁ!」
ジオウとの戦争の気配が高まる中、ロイドたちアザミ王国の面々は国境付近での軍事演習を行うことに。
その実力ゆえに演習が演習にならないロイドを安全に活躍させるため、補給任務と称したお弁当係に任命。
ところが、ロイドが自慢の料理をふるまったのは、なぜか敵国最前線の兵士たちで……奇跡的勘違いの連続に、まさか戦う前から和平成立!?
一方ジオウの中枢で復讐心をたぎらせるユーグは、自らに禁じていた奥の手の封印を解き――
「ボクが恐怖の象徴になるさ……!」
弱くても立ち向かう勇気は誰にも負けない! 出会いを力に変える最強少年の大人気ファンタジー第12弾。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • niz001

    ユーグと決着。割とシリアスめなので旧世界組が目立ってる。変な所に恋愛フラグが立った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 藤和田

    リンコがマリーに正体を明かすことで更にマリーが残念なことに…ユーグ、アルカの魔王や世界、ルーン文字についてわかったり、帝国とは決着ついて大統領との最終決戦って感じかな?それにしても、サタンさんにまさかの恋愛フラグでビックリ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/03/13
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784815609603

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK