86-エイティシックス- Ep.9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

86-エイティシックス- Ep.9

彼らが「最期の派遣先」で見るものは――アニメ化決定の人気作、急展開!
著者: 安里 アサト (著者) / しらび (イラスト) / I-IV (メカニックデザイン)
シリーズ:86―エイティシックス―(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

犠牲は――大きかった。〈電磁砲艦型〉との戦いは、セオの負傷はもちろん、幾人もの仲間の命をその荒波で飲み込んだ。
 シャナ。シデンの隊「ブリジンガメン」副長だった彼女も、その一人であった。復讐を誓うシデン、そしてシン行方不明の報に動揺して狙撃できず、シャナ死亡の遠因となったクレナは、平静を失う。
 しかし、戦況は少年少女らを慮ることはない。〈電磁砲艦型〉の逃亡先――現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国。レギオンの脅威と戦う同胞でありながら、ヴィーカたち連合王国や、連邦上層部すら警戒する謎の国家に、シンたちは足を踏み入れる……!
 機動打撃群・派遣作戦最終盤のEp.9!
“敵を撃てなければ、
 兵でいることはできない。”

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    まさかの童女まつり。描き手が『りゅうおう』のしらびさんと言うことも相まって罵り合戦、堪能させて頂きました。アネットにセオ、パイ投げたい相手は同意だが、君らも対象となるフラグ立ててるな。へし折られませんように。で本筋だが。86にミルメコレオ、神戟〈捨てられた子供たち〉による三つ巴の対立。悲劇だが、この時機に反抗するヒェルナの企みも作中指摘の様に独り善がりで説得力持たず。却って86達が自縄自縛している鏡像を彼女に見て呪い解き放つ役割果たしたか。「戦を終わらせる」目標見出だした子ども達はその困難に集中できるか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪冒頭、セオの腕に関するやり取りにちょっとショックかつ?鬱気分で。新たに聖教国の軍隊がレギオン撃退に加わり連合国軍と86からなる機動打撃軍の総勢は策を練り?聖教国の神姫ヒェルナのその実感無きモノローグはフラグに(ー_ー;)フレデリカと聖教国のマスコット(名前なし?w)少女のロリ対決に苦笑(^_^;)今巻はシンに想いを寄せるクレナの心情にスペースを割いている♪閑話休題、聖教国のフェルドレス、リャノ=シュ...の描写に久々辛辣でドン引きした( *゚A゚)ネタばれっぽくて難だが、まさかの◯◯に驚愕!こりゃ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    幾人もの仲間の命を飲み込んだ電磁砲艦型との戦い。その傷も癒えぬまま、電磁砲艦型の逃亡先で現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国にシンたちが足を踏み入れる第九弾。戦うことを奪われたセオ、シャナの復讐を誓うシデン、平静を失ったクレナ、共に戦う旧帝国貴族のミルメコレオ連隊と聖教国の第三機甲軍団。戦局も終盤に向かいつつある中で、様々な思惑が入り乱れる難しい戦いでしたが、未だ戦いの呪いに囚われるものがいる一方で、それぞれが少しずつ戦いが終わった後のことを考え始めてるんですね…甘えるレーナが破壊力抜群でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    レギオンとの戦いに一つの区切りがつけられる巻。前巻にて電磁砲艦型を敗走に追い込んだもののシン達第86独立機動打撃群の払った犠牲も大きく…といった所から始まるお話です。セオはともかくクレナがああいった状態だったので何とも読んでいて不安だったのですが、そこを踏まえてヒェルナのあの行動から先の展開は見事の一言だったと思いました。戦争が終わった先に恐怖するクレナに対してのそうなっていたかも知れない形として登場したヒェルナですが、出来ることならここからまた精神的に強くなって再登場してほしいなとも→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如水

    アニメが始まりますね😁あの凄惨さを何処迄表現出来るかミモノです…と言う事は置いといて、今巻は電磁砲艦型の逃亡先が俗(人から見て)に言う『狂国』=ノイリャナルセ教国。国としてどう狂ってるのか?に注目。そしてもう一つはこの世界では誰もが1度は体験する虚脱感や憤りに対して立ち直る事が出来るのかどうか?前巻迄より一層詳しく描写されています。改めて問われる86達の『戦う意義』。普通に思う『戦う意義』とこの世界での戦う意義は全く!!違う…だからこんなに心に響く🥺…最後の一行、『反撃に出る』には痺れます👍 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/02/10
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784049133097

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK