影の宮廷魔術師 無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

影の宮廷魔術師 無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった 3

没落した王国を“影”から勃興する――
著者: 羽田遼亮 (著者) / 黒井ススム (イラスト)
シリーズ:「影の宮廷魔術師」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

没落した王国を“影”から復興する――

帝国最強の巨人部隊を駆逐し、祖国エルニアを“影”から護り抜いた宮廷魔術師・レオン。
だが、王国の国境地帯は兵力を拡充した帝国軍の猛攻を受け、陥落寸前にまで迫っていた。
さらに、束の間の平穏を保っていた王位継承戦にも大きな波乱が訪れる。
権力を手中に収めるためついに動き出した第一王子・マキシス。
帝国の侵攻による混乱を好機とみた彼は、王国最強の部隊“黒の精鋭”を率い、国内を平定し帝国に対抗するという大義名分のもと反逆者を次々と処刑する強硬策に打って出る――。
国内外の危機への早急な対処を迫られたレオンだったが、双方を鎮めるとともに、かねてからの悲願であったシスレイアに実権を握らせるための道筋を見出す!
それは彼女の弟にあたる第三王子・レインハルトに王位を継承させ、その後見人にシスレイアを据えるというもので……? 
最強軍師による暗躍戦記ファンタジー、渾沌と決戦の第3幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • rozeriy

    楽天Kobo購入。配信同時で読んだ。 国王の病篤く、王太子である長兄が次兄を操った教団の力を借りて動き出す。 末弟の第三王子を王に据え、姫様を摂政にして国の実権をにぎるため、レオン以下天秤師団が良識派の軍をまとめ、山に立てこもり、レオンは終焉教団の幹部と対決。 コミカライズは続くけれど、小説はここで第一部完ということで、一端休止。 進みそうで進まなかった姫様とレオンもちょっと良い感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK