我が驍勇にふるえよ天地 アレクシス帝国興隆記 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

我が驍勇にふるえよ天地 アレクシス帝国興隆記 10

アレクシス軍VSガビロン軍総力戦!
著者: あわむら赤光 (著者) / 卵の黄身 (イラストレーター)
シリーズ:「我が驍勇にふるえよ天地」シリーズ(GA文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔法なし!硬派で本格――王道だから面白い!
あわむら赤光が紡ぐ、伝説的痛快ファンタジー戦記、第10弾!!
およそ2年の時を経て、待望の再始動。

世に常勝不敗の将軍、二人あり。
一人はアレクシス侯レオナート。
いま一人はガビロン三太子マルドゥカンドラ。
ともに百戦して百勝という稀代の名将が、
多士済々の勇者賢者英雄女傑を幕下に従え、万の軍を率い、遂にいくさ場にて相見える!
これ矛盾の故事なりや――激戦死闘の果てになお不敗の旗を掲げられるのは一方のみ!
真の常勝将軍は、果たしてレオか? マルドゥカンドラか?
武勇、知略、用兵、戦略、策略、情報、人材、国力――全てを駆使し激突する、シリーズ最大の総力戦に刮目せよ!
魔法がないから面白い、痛快にして本格なるファンタジー戦記の大本命、待望の第10弾!!

【前回までのあらすじ】
アドモフ帝国の実権掌握も完了し、次いで祖国を実効支配する決意を固めたレオナート。それは帝国すら超える大帝国の勃興を人々に予感させた。だが、渾沌以来の「大帝」になろう彼を阻止すべく、パリディーダ帝国の魔女シェヘラザードが蠢動。騎士の国ツァーラント、南の大国ガビロンと同盟し、"吸血鬼
退治作戦"を開始する。この空前の包囲網に対し、レオナートは三正面作戦を決断。北のツァーラント軍へはアドモフ軍第一軍団を当て、率いるレイヴァーンは痛み分けに持ち込む一方、敵本土への浸透突破と攪乱を見事に成功させる。だが残る強敵はまだ二つ。東より迫り来るパリディーダ軍と冷血皇子キルクスには、アランと別動隊が決死の覚悟で時間稼ぎに当たった。そしてレオナート率いる本隊は、ガビロン軍との決戦へ――

みんなからのレビュー

  • よっち

    ツァーラント、ガビロンと同盟し、クロード帝国へ侵攻開始したパリディーダ帝国の魔女シェヘラザード。レオナート率いる本隊はガビロン軍との決戦へと挑む第十弾。レオと同じく常勝不敗の将軍と呼ばれ、幕下に多彩な人材を抱える第三王子マルドゥカンドラの襲来。カビロンの攻略策への対処、背後で行われる情報戦、敵援軍に対する対処など、智謀の限りを尽くした虚々実々の駆け引きや、もちろん将たちが大活躍する大軍同士の激突もあって、なかなか読み応えがありました。けれど未だ危機が続く状況に暗躍もあったりで、早めの続巻を期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    前巻の発売から2年、待ってました最新刊。あとがき読んだら確かにそうなってきてまうよな~と納得してしまうわ。アレクシス軍とマルドゥカンドラ軍が激突する巻。アレクシス軍の各キャラに厄介な相手を差し向けられるもやはり軍師の二枚看板や情報の鬼、閣下がヤバ過ぎるよな。トラーメの地味やけど重要な活躍とかもええしな、キャラに無駄がないのよね。まあそれでもまだ魔女の掌の上だったと言う事実が恐ろしいわ。また難産になりそうな予感がするがこのシリーズ面白いから気長に待つとするか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★2年ぶりの待望の新刊。あとがきによると前巻の上梓後に今巻をセルフボツにしたために時間がかかったようだが、このままフェードアウトしなくて本当によかったと思う。内容は、ガビロンの第3皇子を相手に数万規模でのシリーズ最大の戦闘。各地を同時に侵攻されているため、有用な手札を何枚も欠きながらも、十重二十重に張った策でそれを打開するのは爽快だった。難所を乗り越えたと思いきや、まだまだ包囲網は緩んでいないので、軍師たちの次なる魔法に期待したい。次巻はそう時間をあけずに読めると嬉しいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    2年のブランクを感じさせない面白さ!シリーズ再開万歳!流石に記憶が薄いけど、確か魔女に包囲網を作られて多方面作戦を強いられていたな。その中で忠実なバウマンが戦死。そしてガビロンとの決戦というところで中断だった気がする。そのガビロンとの戦いは、戦略で上回った上での、戦術的な会戦での戦勝で気持ちいい。両軍師の面目躍如、そして白銀の騎士クルスの奮戦と成長が良かった。ただし、ようやく包囲網の一角を崩したというだけで、シェヘラザードの思惑を完全に打ち破ったわけではない。巻末では驚異的な敵手の強襲もあり次も楽しみだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KZ

    ■久しぶりの刊行だが、後書きを読んで納得。綺羅星の如き名将揃いのアレクシス軍だが、それに相対する強敵にも、それなり以上の格やキャラが必要になるわな。内容は単純に言ってしまえば「相手の策を一枚上手をいった上での勝利」だが、それを感じさせない激闘。読み応えのあるエピソードだった。 ■ガビロン相手に勝利も魔女の策で更なる危機。早く続きが読みたいと愚痴りつつも、楽しみに待てるシリーズ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/02/13
  • 定価
    720円+税
  • ISBN
    9784815601973

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル