家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです

「あ、あなたは何者ですか!?」「小説家になろう」発の無自覚最強ファンタジー!
著者: kimimaro (著者) / もきゅ (イラストレーター)
シリーズ:「家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「とにかく、俺はこの家を出るから。もう決めたんだ」
厳しい姉たちから離れ辺境の街で冒険者となったノア。新米冒険者のはずが、強力なモンスターを討伐し、珍しい魔法を駆使して先輩たちの度肝を抜いていった。
それもそのはず、ノアを育てた姉たちは、各分野で世界最強の五人衆。姉たちにとっては無能な弟でも、そのポテンシャルは桁違いだった。
真の実力を評価され新生活が始まるが、行き過ぎた愛情から弟を連れ戻そうとする姉の追っ手も――!
無能なはずが実は規格外な、新米冒険者の活躍が始まる!

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    血が繋がらぬ五人の義姉に厳しく養育された少年が、家を飛び出し冒険者となり始まる物語。―――基準がおかしい、だから彼の常識は非常識。 初っ端からとんでもない戦果を見せつけ、周りの者達の驚きをかっさらいながらも本人はどこ吹く風と言わんばかりに無双する物語であり、なろう特有の成り上がりと爽快感の溢れる、勘違いものとして面白い物語である。一人目の姉に認められれど、すぐに来るのは二人目の姉。果たして少年は、このまま平穏な毎日を過ごす事は出来るのだろうか。次の姉との対決の行方とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    タイトル通りの内容でサクッと読める。最強な姉たちの元で厳しく育てられたゆえに自らの力を測れていない少年の冒険者家業。無自覚系主人公ではあるけど、頭悪くないし、強いとはいえ圧倒的強者に比べればまだまだといったところなので一方的にならなくてよかった。コミュ力のおかげか寄ってくる仲間たちも人格者でストレスフリー。ただ姉たちのキャラが随分と濃そうなので、揃ったときにノア改めジークがどうなってしまうのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/02/13
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784815608866

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル