処刑少女の生きる道 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

処刑少女の生きる道 5

師を超える時は、今。
著者: 佐藤真登 (著者) / ニリツ (イラストレーター)
シリーズ:「処刑少女の生きる道」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「私は清くもないし、強くもないし、正しくもない。そんな悪い奴だもの」
アカリを連れ去った導師「陽炎」を追い、“聖地”に足を踏み入れたメノウ。せめて自分の手でアカリを殺す。そう決意した彼女の目的は、【白】の遺物・塩の剣の確保だった。
幼き日のメノウと導師がかつて辿った旅路の果て。塩の剣が眠る、清浄なる塩の大地。第一身分に封印されたそこへ至るには、【使徒】魔法使いが守護する聖地の中枢・大聖堂の突破が絶対条件。「陽炎」によるアカリ処刑のタイムリミットが迫るなか、圧倒的戦力差を覆すためにメノウが選択した禁忌の手段とは――。
師を超える時は、今。彼女が彼女を殺すための物語、決別の第5巻!!

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】まず、表紙のメノウの姿に見とれてしまいました。戸惑いや焦りの表情が描かれていた4巻までとは異なり、二本の足で大地を踏みしめまっすぐ立ち、力強い目で正面を見据える。迷いは断ち切った、と言わんばかりの姿に惚れ惚れします。敵味方が集う聖地にて、”生きる道”を見出すまでに至るメノウの在り方に心が大きく動かされました。『主』にまつわる真実も仄めかされ、物語が大きく動いた今回です。ついに塩の大地に至り、世界を変える決断をしたメノウと、立ちはだかる『陽炎』の戦いの行方やいかに。続きが大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    アカリを連れ去った導師「陽炎」を追い、聖地へ向かうメノウ。別行動のモモとアーシュナ、マノンたちやサハラも聖地に集結する第五弾。アカリを殺すために必要な塩の剣確保のため聖地の中枢大聖堂に潜入するメノウが再会した導師「陽炎」。恩師との対決で突きつけられた現実、打ちのめされたメノウがそれでも師を乗り越えるために決めた覚悟。複数の視点から立体的に明らかにされていった、この世界の真相にはそうきたか…と思わせるものがありましたけど、アカリとしっかり向き合ったメノウなら、この展開もきっと乗り越えてくれると信じています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    激動の展開のシリーズ第5巻。アカリを追い、聖地へと向かうメノウ。聖地が襲わるという事件が起きる最中、フレアとの戦いによって自分を見失ってしまうメノウ。そして、新たな目標を持って、今までの真っ白の存在だった自分を過去に、ついに彼女は立ち上がる。本当にアツい一冊でした。そしてエピローグが情報供給過多。今までの伏線が急に回収され、まさかの黒幕には驚きましたが、ここから話が一気に広がります。世界を変革してアカリと共に生きるという決断を取ったメノウのこれから生きる道とは。本当に続刊が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • おにおん

    主要キャラが聖地に集まりそれぞれの思惑を働かせますが、今巻はそれだけ留まりません。世界の真相や今まで語られてこなかった純粋概念『白』についてなど、新たに明らかになる事実に驚きを隠せませんでした。本作に限りませんが、こういった物語の流れを思いつく著者さんには脱帽です。前巻までの流れから「物語を畳みにかかってるのでは?」と感じられている方も多いと思いますが安心してください。物語を畳むどころか大きく風呂敷を広げて今後の展開に更なる期待を抱かせてくれる、最高の出来となっています!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タイコンデロガ級

    面白かったです。 『陽炎』がメノウに言った「友を助けることは、世界を滅ぼすに足る」。好きな台詞だ。そしてアカリとメノウの導力接続(疑似セッ〇ス)再び。繋がり合い互いを理解しあった二人の答えは一致する。 タイトルの通り、まさに処刑少女が大切な人と共に生きる道を探すことになったこの5巻で、アニメ化決定の帯が付いているのはとても嬉しいです! ラストに登場する『白』の「日本に帰りたい」というのは、なるほど、異世界転生モノで異世界に迷い込んでしまった者の目的としてはこれ以上ないほど切実で説得力がある。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/02/13
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784815609368

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK