人類滅亡して最後の1人になったら?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

人類滅亡して最後の1人になったら?

600万再生された人気動画が、エピソードを追加してついに書籍化!
著者: 三河ごーすと (著者) / あきま (イラスト) / フェルミ研究所 (原作)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

仕事が上手くいかず上司から叱責される毎日の中、サラリーマンのケンジはその日、自分以外の人類が滅亡することを祈る。翌朝目が覚めると、本当に人類が消え去り、世界には自分1人だけになっていた。
ケンジは歓喜し、会社に行く必要のない、昼過ぎまで寝ていられる、漫画三昧の自由な生活を謳歌する。しかし人類が消え去ったことで世の中のインフラが止まりだし、ケンジのサバイバル生活が始まる。
誰もいないスーパーで食べられる食料を調達したり、初めて農業にトライしたりする中で、充実感を覚えながらも寂しさを感じた彼は、他の生き残りを探しに行くことにする。そこで彼が出会ったのは、街を徘徊するゾンビ「バイト」と、バイトと戦う女性、アミだった。

「人類滅亡して最後の1人になったら?」チャンネル登録者数200万人超のYouTube漫画動画チャンネル「フェルミ研究所」の人気動画が、ついに書籍化!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 菊地

    原作(?)のことは知らないんだけど、タイトルやあらすじから期待した内容と乖離が大きく、楽しめなかった。 情緒的な内面描写に感じるものが無い訳じゃないけど、主人公に魅力を感じれなかったのでそういう情緒的な描写もあまり面白さに繋がっていない気がします。 全体的にコレジャナイ感が強いし、世界観や展開もフワフワしてて僕にはまったく刺さりませんでしたね。うーん、こういう感じになってしまう作品を書いてしまうような作者さんじゃないと思ったんだけどなぁ、という悪い意味での意外さがありました。原作(?)の影響なのかなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なー

    常に上司から叱責され続けているサラリーマンのケンジ。余裕のない生活に疲れ、「人類みんな消えてしまえ」と願う。翌日目覚めると人の気配がない…?ちょいちょい矛盾した無理のある展開でのめり込むまではいかなかった。ラストもスッキリしない。ただ読みやすくはある。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/28
  • 定価
    1100円(本体1000円+税)
  • ISBN
    9784047364141

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK