Babel 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Babel 3

大国キスクを訪れた雫。妖姫と謳われる王妹オルティアとの対決へ。
著者: 古宮 九時 (著者) / 森沢晴行 (イラスト)
シリーズ:Babel

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 この大陸の在り方にまつわる秘匿された真実を、ファルサス王から知らされた雫とエリク。その情報の中から日本帰還への糸口を見いだした二人は、再び旅に出ようとしていた。
 だがその時、突如現れた使者に雫は選択を突きつけられる。招かれた先はかねてよりきな臭い噂が絶えなかった大国キスク。彼女に求められた役割は、残忍で知られる王妹オルティアの遊び相手だという。

「それで? お前は何ができる? 自らの口で述べてみよ」

 成り行きから雫は、流行り病とされる言語障害の対処法を確立するという大役を負うことに。失敗すれば待つのは無残なる死。旅の庇護者であったエリクのいない中、雫は一人手探りで解決策を探す。
 そして孤独の姫オルティアとの対峙を重ねるうちに彼女の心根を知り、二人の間柄にも変化が生まれていくのだが……。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    この大陸の在り方にまつわる秘匿された真実をファルサス王から知らされた雫とエリク。しかし雫は突如現れた使者に選択を突きつけられ、一人で大国キスクを訪れることを決断する第三弾。成り行きから残忍で知られる王妹オルティア相手に、言語障害の対処法確立という大役を負う雫。誰が相手でも言うべきことは言う雫らしさが今回も全開でしたけど、孤独なオルティアに向き合い、キスクを巡る複雑な構図や相変わらずなファルサス王たちに振り回されながら、苦境を乗り越え解決してみせた雫の頑張りには称賛を送りたいですね。本当に濃厚な一冊でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kitten

    図書館本。文系女子大生が異世界に放り込まれて悪戦苦闘する話。二巻までの流れを忘れていたけど、それまでの流れとは全然違う話だった。舞台はファルサスからキスクへ。人の命を非常に軽く扱う王妹オルティアに仕えることになった雫が、いつも通り無謀で非常に怖い。王族には性格破綻者しかいないらしい。生き別れになったエリクは最終盤まで出番なし。ある意味、雫無双。言葉についての話は一休み。次が最終巻らしいのでそこで全部明らかになるんだろう。評価、星3。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • skikku

    昆布は本編に出ていない…だと?というどうでも良いことは置いておき、雫がニケ達に脅されキスクに連れていかれるのだがまぁ色々と予想外の展開でびっくりなのと凄く面白かったですね!最初は恐ろしく怖い人だった王妹のオルティアだったけど彼女の態度や過去の出来事から頭を下げ服従していたけど子供を助ける為に異世界人だとバラし言語障害を誰よりも上手くできるのは自分だけだ!と売り出し服従から対等な立場になってからがとっても好き!オルティアにもう誰も反抗も小言も言わない中雫だけが彼女にちゃんと言葉をかけ #ニコカド2020 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆり

    Web版既読。キスク編。妖姫オルティアの臣下に連れ去られて、子供の言語障害問題にまさに命をかけて取り組む雫。雫とオルティアとニケ達が共に何度も窮地をくぐり抜け、ラストでオルティアが雫に贈る言葉と抱擁にぐっときました。精神の強さと機転と異世界の多少の知識のみを武器に、何度痛めつけられても屈せず異国の王宮で大活躍し、オルティアの優しく賢く気高い女王の器を表に引き出した雫すごすぎる。そしてラストで雫をちゃんと助けに来てくれたエリクがあまりに通常モードで涙が出るほど安心しました。ラルスの奇人っぷりが最早笑える。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • メメントモリ

    272ページ8行目~主人公雫の自己分析 どうしてこの作品が好きなのか ようやくわかった気がする。今でこそ山ほどある異世界系にとってほぼ触れられてこなかった“言葉”という部分への切り込み そして初めて読んだ当時から私は彼女に自分を重ねていたのかもしれない。異世界という外国どころか、わけのわからない世界に迷いこんだにも関わらず、何があっても諦めない主人公雫の姿勢 わけのわからない世界なのに“言葉が通じる”ことへの疑問 何があっても、命の選択の前ですら自分を持っているその強さ。ほんと3巻読めて良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/17
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049135398

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK