悪役令嬢の怠惰な溜め息 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

悪役令嬢の怠惰な溜め息 3

“楽しい”は正義です! 暴走悪役令嬢による迂闊王子粉砕記、最終巻!
著者: 篠原皐月 (著者) / すがはら竜 (イラスト)
シリーズ:悪役令嬢の怠惰な溜め息

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

破滅フラグ回避のため、あらゆる駒を進めてきたエセリアだったが……
筋書通りに事が進むどころか、予想を超えて大暴走をはじめる勘違い王子と脳内お花畑ヒロイン。
もはや誰も彼もが溜め息しか出ない状況下で、周囲の怒りは爆発寸前!?!?
そんな中、ついに2人に制裁を加える日がやってきた!
「みなさま、自爆披露会へようこそv」
悪役令嬢渾身の裁きが今はじまる――!
暴走悪役令嬢の勘違い王子粉砕ラブ(?)コメディ、最終巻!

みんなからのレビュー

  • ユウ@八戸

    全然怠惰ではない悪役令嬢の奮闘、完結。1巻では前世知識で神童っぽい下地を見せてめちゃくちゃおもしろかったんですが。メインヒロインが登場してからは被害妄想コンビの暴走をやりこめることがメインになってちょっとお腹いっぱいに。おもしろいけど、会話ができない相手との対峙ってしんどいからね…。ざまあ展開というわりに、殿下たちのショックがほぼなくてスッキリもしない。お兄様お姉様の視点でストーリーを読んでみたいな。お兄様おもしろそう。断罪シーンでエセリアがやりこめてくれたらもっと楽しかったのになー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆう

    途中まで良かったのに、最後の最後の落ちがちょっと残念かなぁ。殿下とヒロインはちょっと頭悪すぎかな。3巻になるとわんパターンになりがちなのもすこし。でもここで終わらせたのはよかったのか。最後お姉さんに全部持ってかれた感じになったので。綺麗に纏まってたらよかったかなぁ。面白くはありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    ものすごく面白かった。ついに物語の結末に至ったわけですが、事ここに至るまでの経緯が経緯だっただけに、ラストの部分の爽快感は最高でしたね。悪役を悪役として描き切ったこともさることながら、最後の最後にタイトルを回収したのもお見事でした。この主人公であれば続きも読んでみたいところですが、ここまで綺麗に落ちるとここで終わるのもやむを得ないですかね。文芸系ということで最後まで読書メーターでの登録数が増えなかったのが残念でしたが、個人的にはとても楽しめたので、作者の新作が出たらぜひ読んでみたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちいたけ

    ついに断罪の時、長かったねえお疲れ様。アホはどこまで行っても治らない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とりあえず

    完結 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/17
  • 定価
    1300円+税
  • ISBN
    9784049134940

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル