元世界最強な公務員 帰還勇者、身分を隠してたのに新人冒険者の世話をすることになりました 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

元世界最強な公務員 帰還勇者、身分を隠してたのに新人冒険者の世話をすることになりました 1

隠遁した元勇者がお世話役……!?
著者: すえばしけん (著) / キッカイキ (イラスト)
シリーズ:元世界最強な公務員(HJ文庫)

あらすじ紹介

隠遁した元勇者がお世話役……!?

久住晴夏はかつて、地球と繋がってしまった異世界を勇者として救った。その闘いの日々に嫌気がさした彼は、地球に戻った後に安定を求め公務員を目指して就職活動を始める。しかし、異世界に飛ばされたことで職歴も無し、学校も中退の彼が選べる仕事は少なく、その知識を利用して異世界交流課に勤めることに。その最初の仕事とは、ワケありな三人の新人女子冒険者をサポートすることで――。隠遁したい元勇者による、現代バトルファンタジー開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • みんなの憧れ勇者様は市役所務めの公務員!

    ノエル
    ノエル
    日本の冒険者ギルドって、市役所にあるのね。主人公の晴夏は神郷市冒険者ギルドの公務員なの! その仕事内容は、異世界絡みの問題を解決するために、日本にやってきた三人の新人冒険者をサポートすることなんだよ。

    冒険者の女の子たちはみんな勇者ノインに憧れているんだけど、勇者ノインの正体は晴夏なの! マリナなんてね、『勇者ノインの物語』が大好き! って、目をキラキラさせちゃってるの。 もし晴夏が勇者だって知ったらどんな反応するのかな!? えへへ、考えただけでもワクワクしちゃう!

    女の子たちから勇者について訊かれても、勇者バレしたくない晴夏は知らんぷりするんだけど、そうするとまじめで厳しいはずのリーダー、リュリも残念そうに「会ってみたかった」ってポツリ……。思わず本音が出ちゃってるの~!

    ただエウフェミアだけは、晴夏の正体に気づいてたみたい。エウフェミアは、命のやり取りが大好きな女の子なの! 勇者への愛情表現も、殺意を込めた一撃!? い、いくら勇者のファンだからってやり過ぎ~!? でも、こんな気持ちにさせてくれるのは晴夏だけなんだって。勇者ノインは本当に特別な存在なのね! エウフェミアの『愛』も、勇者の晴夏ならきっと受け止められそう!
  • 平穏第一! 元勇者の隠された実力とは!?

    レオン
    レオン
    勇者ノインの名で異世界ラグナ・ディーンを救い、日本に帰還した青年、晴夏は平凡で穏やかな日々を過ごしたいと思っていたんだ。だから勇者であることを周囲には隠していたんだけど、よりにもよって戦闘狂な冒険者の少女、エウフェミアに勇者であることがバレてしまうんだ。

    勇者と戦いたいというエウフェミアと立ち合うことになった晴夏だったけれど、使用者に特別な力を与える神具、聖剣≪ユニベル≫を使うことなく、素手で彼女を返り討ちにしてしまうんだ! エウフェミアも、冒険者としてはかなり上位の実力を持つはずなのにね。勇者ノインの実力、底が知れないな。

    ノインに憧れる一人、冒険者リュリの目標もノインを超えることなんだ。貧民街出身の彼女は、冒険者として名を上げて、世界を変えようとしているんだよ。ノインが邪竜を倒し、人々から笑顔を取り戻した時みたいにね。異世界の人々からここまで讃えられるなんて、晴夏は本当に凄いことを成し遂げたんだなあ。だけど、当の晴夏は心の中で、勇者はそれほど立派な人間じゃないって思っているんだ。

    晴夏の望む平穏な日常が、どれほどかけがえのないものなのか。勇者ノインの真実を知ったら、きっと分かるはずだよ。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    異世界と行き来が可能になった現代の日本が、舞台。政治的社会的な状況が作り込んであり、まるで自分が異世界人になったような気持ちでカルチャーギャップを味わえる。三人の新人女子冒険者は、なぜ異世界からやってきたのか?それぞれの事情や性格が描きわけられ人物像が立ってくるしアンサンブルが出るので、読み進むほどに面白くなった。主人公がタイトル通り強いが、世知辛い現実に立ち向かう姿は可笑しみがあり、そうせざるを得ない理由も見えてくる。手堅く安心して読める上に、後半は二転三転するラストスパート。上々の開幕編。次巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【HJ文庫公式レビュアープログラム1月】異世界と繋がった日本が舞台。かつて異世界を救った晴夏は、日本に帰還した後、そのことをを隠して過ごしていた。そんなある日、異世界からやってきた美少女冒険者たち三人のお世話係になってしまい…。副題通りのストーリーで王道を行っており、シンプルに楽しめました。途中で明らかになる晴夏に関する真実がかなりシリアスなのも、物語を盛り上げていて良かった。ヒロイン達の個性もそれぞれ違って魅力的だし、キャラものファンタジーとしてもこれからの展開に注目したい。期待の新シリーズ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    HJ文庫公式レビュアープログラムで送られてきた1月新刊。地球と繋がってしまった異世界に勇者として召喚され見事救った晴夏だったが、戦いの日々に嫌気がさした彼は地球に戻った後は安定を求めて生活していこうとする。が学も職歴も無い彼が選べる選択も無く、知識を利用し異世界交流課に勤め三人の新人冒険者のサポートすることとになるが......な話。始めはよくある感じかな~?と読んでいたけど後半になり真実が明らかになる所はシリアスだったが良かった。中々面白かったし三人が今後どうなるのかも気になるな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 草薙香里

    (HJ文庫公式レビュアープログラム1月)まず、表紙を見て、タイトル分かりやすいし面白そうじゃん!と思い読み始めたのですが、前半は話がすっからかんで後半は詰め込みすぎな印象を受けました。キャラは凄く魅力的だったんですが、前半はキャラの紹介に使われてしまうので、本に入り込めないまま後半に入ってしまい、後は傍観者として見るって感じでした。この作者はラノベよりキャラクター小説の方があっているのでは? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不自他

    『仮面魔女』以来の新作。駐在員として日本に滞在する冒険者の少女達の面倒を見る話。恒例の「能力者の社会における共生や苦悩」や「狂気的なキャラ」といった要素も健在。やっぱり、すえばしさんの作品は面白い。続きが出たら必ず購読する。ヒロインとして、今後の動向が気になるのはマリナ(青髪)。是非、活躍させて欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/28
  • 定価
    713円(本体648円+税)
  • ISBN
    9784798623726

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK