青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない

ちょっと不思議な青春物語――再会した彼女は“正義の味方”?な第11弾!
著者: 鴨志田一 (著者) / 溝口ケージ (イラスト)
シリーズ:『青春ブタ野郎』シリーズ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

突如咲太の目の前に現れた、霧島透子を名乗るミニスカサンタ。彼女が「思春期症候群をプレゼントした」という学生たちのなかには、咲太の中学時代のクラスメイト・赤城郁実がいて――。
 書き込んだ夢が正夢になる、と学生たちのSNSで話題の都市伝説『#夢見る』。郁実がそれを利用し、「正義の味方」として人助けしている姿を目撃した咲太は、彼女の身体がポルターガイストのような現象に襲われていることを知る。しかもその原因は過去の咲太にあるらしく……!?
「ねえ、梓川君。ひとつ勝負をしない?」
 鍵をかけていた過去の扉をあける、シリーズ第11弾。

みんなのデータ

  • 52
    評価する
  • 40
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ponpon

    シリーズ第11巻かな?今回のヒロインは咲太の中学校での同級生·赤城郁美。ボランティア活動を主宰するばかりでなく、SNSでの未来予想をもとに人助けをして周る彼女だが、やはり心に傷を持ち思春期症候群から抜け出せずにいた。前半では物語の全貌が見えず、モヤモヤ感がありますが、ある段階で見渡せるようになると面白さ倍増。郁美のトラウマが実に痛々しいが、彼女にはその記憶は大事にして、忘れ去って欲しくないとも思う。一方で麻衣さんとの関係も成熟してきたなと思っていたら、不穏な結末。次巻の刊行が待ち遠しい。#ニコカド2020 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 寂しがり屋の狼さん

    シリーズ11弾目📚️今回は咲の中学時代の同級生「赤城郁実」ちゃんのお話し💉前作からしばらくたったので登場人物を整理するのに時間がかかったけど(笑)テンポの良さにサクサクと読めました(*^^*)「霧島透子」の謎…次回が楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    咲太の前に現れたミニスカサンタの女性・霧島透子は、自分が思春期症候群を学生たちにプレゼントしたと告げる。その学生の一人、咲太の中学の同級生・赤城郁実はポルターガイスト現象に悩まされていて…。過去の後悔を引きずる郁実とそれを断ち切っている咲太との対比が素晴らしい。それにしても、透子は一体何者なのだろう…。謎が深まりますが「思春期症候群」の核心に近づきつつあるようにも思います。次回は麻衣に焦点を当てた回になるのでしょうか。続きが大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    突如咲太の目の前に現れた霧島透子を名乗るミニスカサンタ。彼女が「思春期症候群をプレゼントした」という学生たちの中に咲太の中学時代の同級生・赤城郁実がいることが判明する第十弾。書き込んだ夢が正夢になる、と学生たちのSNSで話題の都市伝説『#夢見る』。それを利用し「正義の味方」として人助けを続ける郁実。麻衣さんとの関係は安定で、周囲の変化してゆく近況も明らかになっていきましたけど、散りばめられた伏線を上手く回収しながら結末へと導いていく展開は今回もお見事でした。思春期症候群の正体も気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪前巻ラストで意味ありげに現れた?咲太の同中赤城郁実嬢(ー_ー;)大学生に成った咲太達を未だに解放してくれない思春期症候群。最初は些細な事象から少しずつ...?咲太は友人の理央嬢、佑真と江ノ島散策をエンジョイしてたが、三人の唐揚げ談義に苦笑(^_^;)理央嬢推しの自分も咲太の意見に賛同(⌒‐⌒)♪麻依さんもGJだが?自分は理央嬢のメガネに萌えるwl閑話休題合コンで咲太はナース姿の郁実嬢とバッティング?彼女はバツ悪げにその場を離れるが?郁実嬢が抱えるその思春期症候群の事象を目の当たりにした時から、咲太→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2020年ベストタイトル 7選
    零ちゃんが作成したまとめ2020年ベストタイトル 7選で紹介されています。
    1
  • 「自分的2020年ベストタイトル✨」
    かいるが作成したまとめ「自分的2020年ベストタイトル✨」で紹介されています。
    3
  • 私的おすすめ
    ししゃもが作成したまとめ私的おすすめで紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/10
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784049129021

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK