夢見る男子は現実主義者 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

夢見る男子は現実主義者 3

我に返った渉が実は有能! まさかのモテ期到来……!?
著者: おけまる (著) / さばみぞれ (イラスト)
シリーズ:夢見る男子は現実主義者(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

我に返った渉が実は有能! まさかのモテ期到来……!?

夏休みなのに学校行事の手伝いや古本屋のバイトで働き詰めの渉。
過去の経験から仕事では有能なおかげで、四ノ宮先輩に褒められたり、美人女子大生(?)の笹木さんや、同級生の文学少女・一ノ瀬さんとの絡みが増えたりと、女の子の影がチラホラ。
そんな様子を目にした愛華も自分の気持ちに向き合い始め、

「せっかく久し振りに会ったのにっ……さみしいじゃない……」

と思わずデレる一面が!? 我に返った渉にまさかのモテ期到来で人間関係が動き出す第3巻、書き下ろしも満載で登場!

みんなのデータ

  • 23
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    夏休みなのに古本屋のバイトで働き詰めの渉。そんな中姉に頼まれて受験する中学生の学校案内をする風紀委員の手伝いに渉が駆り出される第三弾。風紀委員で裏方作業に奔走して先輩達に褒められたり、古本屋をきっかけに笹木さんや同級生の一ノ瀬さんとも話すようになる渉の充実感は印象的で、一方渉をきっかけに不器用な愛華の人間関係が構築されていたと自覚していく構図はそうだったのか…とやや意外でしたけど、まあ多少モテても渉自体は相変わらずブレずにベタぼれなので、今後の展開は愛華次第ですか…渉も頑張ってるしうまく行くといいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻は夏休み中の渉達の行動を中心に描いた巻。古書店のバイトを通じて笹木さんと仲良くなったり風紀委員会の活動に参加したり、意外なバイト仲間が出来たりと、そんなお話です。今巻も面白かったです。地の文では色々言いつつも何処か距離感で線を引いている様に感じられる渉ですが、そんな渉がほんの少し素直になった愛華相手にやはり色々と地の文で言いつつも苦手意識とまではいかないにしても引いて対応している様子が印象に残りました。他にも意外過ぎる事実が判明した笹木さんの事や風紀委員を通した四ノ宮先輩の事などなど、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    美人女子大生と思った?残念!美少女中学生でした!に驚愕。愛華と距離を置いた渉の回りにはいつしか女の子たちの影がちらほらし始めますが、それの様子をみた愛華が自分の気持ちに向き合う今回です。渉のことを邪険にしていたけど、彼の存在は愛華の心にしっかりと根付いていたことが伝わってきて、とても暖かい気持ちになりました。番外編の暴力姉・楓とのエピソードも良かった。ちょっと積極的になった愛華とそんな彼女に変わらず恋をしている渉。二人の関係は前進するのか。続きが大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くんぴー

    ずっと女子大生だと思っていた笹木さんがまさかの中学生という展開。来年、渉達がいる高校に入ってくるということもあり、夏川はさらにモヤモヤしちゃうのかな〜?風紀委員会に手伝いとして駆り出される中で、その有能っぷりに驚かされる一方、夏川の渉と話せないことによる、モヤモヤ感に共感し、せつなくなってくる。やはりコメディー的な感じもあるのでとても読みやすい。古本屋でのバイトでは一ノ瀬さんが新たに加わり、生粋の本好きとしてのキャラが今後、物語にどう関わっていくのか。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    夏休みとなり古本屋のバイトに渉が奔走する中、風紀委員の手伝いで学校案内に参加し笹木さんと再会する今巻。―――離れて募るは寂しさと切なさ、そして支柱の大切さ。 離れてしまった夏休み、愛華を見ている余裕もない渉が東西奔走し笹木さんや一ノ瀬さんとのフラグを積み立てる中、一人残された愛華が自分の本心と渉との過去を見つめ直す巻であり、いつもとはさらに違う距離の中、少しだけ素直になれた愛華と渉の距離がほんの少し縮まる巻である。果たして、この先の季節にどんな景色と距離が待っているのだろうか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • さばみぞれ先生さいこー
    ぺんだこが作成したまとめさばみぞれ先生さいこーで紹介されています。
    5

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/01
  • 定価
    681円(本体619円+税)
  • ISBN
    9784798623689

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK