ウォルテニア戦記 17
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ウォルテニア戦記 17

決戦、亮真 VS 貴族軍!!
著者: 保利亮太 (著) / bob (イラスト)
シリーズ:ウォルテニア戦記(HJ NOVELS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

決戦、亮真 VS 貴族軍!!

ついに貴族院の審問がはじまり、有力貴族の激しい追及を受ける御子柴亮真。
ロベルトとシグニスが証人に立ったおかげで亮真優位に進む審問だが、ルピス女王が判決を直接くだすことになり、一気に亮真に不利な情勢に。待機していたリオネの部隊とともに王都を脱出しようとする亮真だが、彼を待っていたのは意外な伏兵だった……!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ついに貴族院の審問がはじまり、有力貴族の激しい追及を受ける御子柴亮真。ロベルトとシグニスが証人に立ったおかげで亮真優位に進む審問会にルピス女王が現れる第十七弾。陥れること前提で進んでいたはずの審問会の流れを停滞させる意外な証言や現れた女王の存在。王国と決別すること自体は既定路線だったとはいえ、暗躍する須藤の打つ手が地味に効いていたりするのが嫌らしいですね。王国とは決戦に向けて待ったなしといったところですが、唐突に訪れた祖父との再会が今後どう影響してくるか…それにしても展開が遅いのは相変わらずですね(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    女王と貴族院達は御子柴を極刑にすると談合している貴族院の査問会に招聘される。城門で半日待たされ、貴族院に入ったら愛刀を取り上げられボディーチェックを受けて、待機室という名の窓の無い部屋に軟禁され、1日食事も出されない始末。そんな嫌がらせを受けた末に、査問にかけられたら、1番偉い奴を無視して2番目の地位の奴に挨拶をして挑発して言葉の先制パンチ。最後は女王も出て来て極刑は動かないと最初から決まっていると教えられる。拘束されそうになるが周辺にいた衛兵が御子柴家の忍にすり替わっており議員達を全員殺害して王都を逃亡 続きを読む…

    ネタバレあり
  • バーボン

    亮真、貴族院で審問会。エレナ、須藤と会談。死んだはずの娘サリアと再会。一旦休廷、午後から再開。VS女王。ザルツベルグ伯爵の王家直轄地の岩塩鉱横領によるハルシオン侯爵らへの賄賂を暴露。侯爵、強硬策、北の塔幽閉指示。臨席した貴族を虐殺。反逆者認定。地下通路より脱出。半島への帰路、カントーナ平原の戦い。エレナ、離反。祖父浩一郎ら合流。久世と組織の創始者・須藤の会談。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    作者の文体や構成にはもはや何も云うまいと思っていたが、審問会の最中、悠長に思考を垂れ流してる暇なんかあるかい! 結局それだけで終わり。戦いも、祖父との再会も、エレナとの決別もみんな中途半端。自分が楽しむためだけに、世界をかき回している須藤を尊敬しているなんて、組織の連中はどうかしてるんじゃないか?  続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/21
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784798623504

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK