俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた

俺が死ぬまでのタイムリミットは、たった1日!?
著者: わるいおとこ (著者) / raken (イラスト)
シリーズ:俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた(ファミ通文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

異世界を舞台にした戦略ゲームでランキング1位となった男は、ゲームの運営によって「特典」としてゲームの中の世界に転生させられてしまう。しかも自分はプロローグで死んでしまう悪徳領主エルヒン・エイントリアンになっていた! ゲームのストーリーそのままに進めば明日には他国の軍隊がエルヒンの領地に攻め入ってきてしまう。エルヒンは自分の身を守るため、彼だけが持つレベルアップシステムとゲーム知識で軍備を整えようとするのだが、悪徳領主の軍隊がまともに動けるはずもなく……!? 本格派戦略ファンタジー、開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • レオン

    レオン
    異世界の戦国時代を舞台に、戦略を練って天下統一を狙うゲームで、主人公はランキングの1位に到達するほど優れたゲーマーだったんだ。その特典として、彼はこのゲームの世界へ転生させられることになるんだよ。

    好きなゲームの世界に転生できるなら、喜びたいところかもしれないけど……転生したエルヒンという人物は、主役はおろか群雄ですらなく、なんとゲーム開始のプロローグで戦争の幕開けとして敗死する役っていう、脇役ですらない存在。そんな立場にふさわしく、配下の軍や将たちも脆弱なうえに、最初の戦いまでの猶予は、わずか一日! ……喜ぶどころか、翌日には首をはねられててもおかしくない状況なんだ……。

    エルヒンが頼れるのは、レベルアップやステータスをはじめとした、彼だけが扱えるゲームシステム。ただ、レベルアップは強力だけれど無節操にはできないし、ステータスや敵兵数が見えても数値の差は覆せない。

    エルヒンが最後に命運を委ねるべきもの。それは、これまで彼がゲームの中で磨いてきた、戦略だ。いつ死んだっておかしくない状況の中、戦略を練って将兵を指揮するエルヒンの姿には、デスゲームとも違う、ハラハラした緊迫感があって、手に汗握っちゃったな!
  • ディアナ

    ディアナ
    主人公が転生したゲームの人物、エルヒンは、無能なだけではなく、民に恐怖を振りまく悪徳領主! 当然、領地のエイントリアンも、悪が栄える荒廃した街と化してるんスよ。

    軍の指揮官は訓練時間に賭場を開いて上前をはね、税金担当官が課す税率はほぼ100%。目を覆いたくなるほどの惨状だけど、彼らを重用してたのは転生前のエルヒンなんスよね……

    とはいえ、転生してしまったならこっちのもの、そういった人物たちの無能っぷりを確かめたエルヒンは、さっそく彼らを牢へぶち込み、領内を戦いに耐えられるよう改革していくんス! ある意味では理不尽レベルの変わり身だけど、エルヒンの立場なら許されちゃうんスね! なんてったって貴族サマッスから!

    軍の立て直しも街の防衛も、エルヒンとしては生き残るために必要な行動ッス。でも、民にとっては彼の変貌は歓迎すべきもの。最悪レベルだった民心の数値もみるみる回復し、さらには自分だけが見られるステータスを頼りに優秀な人材を探してと、エルヒン陣営は加速的に充実していくんス! 彼の戦略ももちろんながら、プロローグで蹂躙されるはずだったエイントリアン領を発展させる手法も読んでて楽しかったッスね~!

関連情報

ファミ通文庫新作『俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた』

みんなからのレビュー

  • T

    異世界を舞台にした戦略ゲームでランキング1位まで上り詰めた男は、ゲームの運営によってプロローグで死んでしまう悪徳領主として、ゲームの世界に転移してしまう。しかも、死ぬまでのタイムリミットは1日。果たして彼は、自身の運命を覆せるのか。戦略ファンタジー、開幕!悪徳領主としての人心の無さや練度の低い軍隊。リミットまで残り1日という絶望的な状況にあっても、ゲームで鍛えた戦略眼と特殊な力で逆境を跳ね除けていく様にワクワクしました。悪徳領主になった彼が今後どのような活躍を見せるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    異世界を舞台にした戦略ゲームで一位となり、特典として悪徳領主に転生させられた青年が、明日に迫った死の運命を覆すべく戦いを始める物語。―――残る時間は僅か、その中でも希望を探せ。 自らの死までは残り一日、手元にあるのは頼りにならぬ仲間ばかり。そんな割と積んだ状況の中から、自分だけの力と知恵と機転で奔走していく物語であり、ゲーム性と焦燥感に裏付けされた、ひりつくような面白さのある物語である。見事に運命を覆した先、待っているのは新たな戦争と雌伏の時。果たして、生き残れるのかこの先。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    悪徳転生+ゲーム+戦記という要素が主にあるのですが、それの良いところを上手くミックスしていて面白かったです。主人公が頭ですが、自ら動いて打開していくので、戦記ものですが序盤からかなり動きがあって序盤から引き込まれました。 チート要素として主人公だけがレベルアップし、数値が全ての世界です。このゲーム感がとても強いのが微妙に感じてしまいました。個人の強さが【武力】という数値で全てが決まるので、数値しか見ていないバトルには、面白さをあまり感じませんでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    ゲーム内の悪徳領主になったトップランカーが死の運命を逃れるためにゲーム知識を活かして立ち回る。のはいいんだけど、中途半端な感じだった。完全にゲーム世界で無双にするか、ゲームによく似た異世界で戦記物っぽくするかどっちかにしたほうが良かったと思う。戦略と言うには主人公サイドに都合が良すぎたし、戦闘も雑魚に【たたかう】or強い敵にスキルぶっぱという単純作業になっていたし。数値の上下だけで勝ち負け決まるなら戦闘描写いらんでしょ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    ものすごく面白かった。「姉小路や一条で始めて天下統一を目指すようなもの」の意味が分かる方であれば間違いなくおすすめの作品ですね。全体的に粗さはありますが筆が乗っている印象ですし、俺tueeeeではあるもののとにかく主人公が能動的で、与えられた能力だけでなく自分自身の考えで難局を乗り切っていく姿勢がとにかく素晴らしい。人材集めに積極的なのも良く、うまく話が広げられれば大化けするかもしれません。個人的な好みのど真ん中の作品が来た感じなので続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/30
  • 定価
    670円+税
  • ISBN
    9784047364257

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル