ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6

打倒せよ蠅の王。敵は“勇血最強”の剣なり
著者: 篠崎芳 (著者) / KWKM (イラスト)
シリーズ:「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

打倒せよ蠅の王。
敵は“勇血最強”の剣なり

「ハズレ枠」のスキルを駆使し、大魔帝軍最強のアイングランツを打倒した三森灯河。
十河綾香と再会したのも束の間、彼は禁呪を求めふたたび金棲魔群帯へと足を踏み入れた。
禁呪の秘密を知る“禁字族”。禁字族が住まう“最果ての国”。
だが、その国を目前にした瞬間、ある存在が灯河の前に現れた。
異界の勇者の血を受け継ぐ”勇の剣”ルイン・シール。かの“人類最強”シビト・ガートランドにすら比肩すると謳われる“勇血最強”と、蠅王との戦いが幕を開け――。
「復讐からは、何も生まれない? 何言ってやがる。俺が、生まれただろうが」
かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第6幕。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    スピード一族の仇討ちか、、、神獣の姉がニャンタンだったのが1番驚いた。しかも、殺す事を前提の人質とか酷いな。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    アイんグランツを打倒した灯河は綾香と再会したのも束の間、禁呪の秘密を知る”禁字族”が住むという最果ての国を見つけるために金棲魔群帯へ足を踏み入れるのだが......な話。綾香とは敵対しないのかと個人的には思っていたけど灯河はもしかしたらと思うてるのね。まあ、確かに勢力を伸ばしてきてるしね。浅葱のチームがえらい暗躍しているのも不穏な感じがするしな。色々と厄介そう。勇血最強の剣も相当なゲス野郎で倒されたときスッとしたわ。次巻は灯河と安が激突しそうだな。どうなるのか楽しみ。最後の挿絵はなんかざまぁと思ったわw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    前半は前巻の後始末と新しい関係の構築。セレスと関係が深まったお話も感慨深いですが、サイコパスを通り越してるキリハラはもう笑うところなのでしょうか?後半は外道軍団に天誅を与える話で久しぶりに主人公が黒かったですね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 最新刊を読むため再読。キリハラも女神ももうネタ枠な気もするけれど、どうなっていくか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • うめいち

    前巻の激闘を経て、本来の目的に戻って西へ。行動の筋道がきっちりと立っているのと、主人公の改めての黒さと、いろいろ壊れているキャラたちに、なぜか安心感を覚えつつ読み進むのでした。次は、さらに一部のクラスメイトたちとの邂逅か。★★★☆。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK