ハル遠カラジ 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ハル遠カラジ 4

ライドーに連れ去られたハルの行方を追うテスタとイリナ。彼らは人間を消失させたバベルの真の目的に期せずして近づいていく。バベルとはいったい何者なのか? 人とロボットの親子の旅路は、ついに、終着を迎える。
著者: 遍柳一 (著) / 白味噌 (イラスト)
シリーズ:ハル遠カラジ(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

人とロボットの親子の旅路、ついに終着へ。

「……次はこの子が、自らの幸福を掴む番ですから」

ライドーに連れ去られたハルの行方を追い、極東のウラジオストクに到達したテスタとイリナ。

そこでは生き残った人間たちが、飢えや貧困に苦しみながらも、地下に街を築いて生活していた。

ハルの行方の手がかりをつかむため、さらには知性機構に損傷を負ったアニラの修理のために、表向きは地下住人に従うテスタたち。

テスタは人工知能たちが作り上げた宗教機構・Atheistの構成員が地下にいることを知り、その者と繋がりを持つというAI研究者・オルガとの接触を待ち望む。しかし、突如現れたダスマンの襲来によって、テスタは地下に漂う不穏の正体を知ることに。

さらには、人間を消失させたバベルの真の目的にも期せずして近づいていく。

バベルとはいったい、何者だったのか。

彼女はなぜ、言語を放棄した『人間』を造ろうしたのか。

真実に触れたとき、テスタは思いがけない形で主人との再会を果たすことになる。

苦悩と罪、後悔と自責。

その末に、テスタが親として下した最後の決断。

獣だった娘と、病を患った軍用ロボットの親子の旅路は、ついに、終着を迎える。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • かんけー

    読了♪足掛け3年、ハルとテスタ母と娘の叙事詩大団円の完結(⌒‐⌒)♪冒頭、ライドーに連れて行かれたハルを追って、テスタは自身のAIMD 症状と対峙しながらハルの安否を常に気遣って(ー_ー;)ウラジオストクの地下組織で運命的出会いをし、ハル救済を最優先にいながらにして?組織の人間達とも融和関係を築くテスタに感嘆。ストーリーのキーワードの人物との邂逅もあり、読んでてハラドキ(^_^;)テスタの母性愛の強さに作者の思いも理解しつつ、敢えて呑み込む。後半ハルの状態変化も巧く表現し、読者をホッとさせる♪然し、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    母が思う娘の幸せ。 自分が思うように生きて欲しいと思う傍ら、自らの意思で選択して欲しいとも思う。 こんな願いを思うことすら葛藤があるロボットという身でよくぞ最後まで見守り続けたと言いたい。まさに母は強し。 ただハル視点が少なく、テスタを描くので精一杯だったのが伝わってくる。あと一巻あれば丁寧な締めが見れたと思うのは無い物ねだりか。 アーロンなど別の立場のキャラも背景を想像させる書き方が優しく、意思についての作者の思う姿勢が見て取れる。 子が一人で生きるのを見届けられることが死ぬ定めの者の幸せ。良き親子愛。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    遂に完結。まだ4巻だけど。長く間が空いてしまって少し記憶が曖昧ですが、綺麗な終わり方にしてくれて良かったです。ハルとテトラの関係が幸せな未来を掴んだんだと思うと胸にこみあげてくるものがありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ハルの行方を追いウラジオストクで人間のコミュニティーに近づく中、全ての真実が明かされる最終巻。―――冬が来たなら春が来る。例えそれが遠くとも。人の真実、機械の真実。全ての真実が静かに紐解かれ、様々な者達の思いが交わる中、テスタとハルの想いが交錯する巻であり、どこか切なくも確かに温かい、まるで染み入るかのように綺麗な結末が心に何かを齎してくれる巻である。例え時が過ぎてもきっと待っていてくれる。そう信じられるからこそ、いつかを願える。遠くから来た春との邂逅は、きっともうすぐ。 うん、最高に面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カミジョー

    『冬来りなば春遠からじ』この作品はまさにこの言葉通りだったと思う。たくさん後悔して、たくさん苦悩して、辛い気持ちを抱えて旅をしていた。だけど二人は決して消えない罪も後悔にも向き合うと決めて、ようやく前へと進み始めた。長い冬の果てに春がやってきた。今までの苦悩は無駄ではなかった。苦悩があったから二人は春を迎えられたのだと思う。だから、本当によかった。ここまで読んできたからこそ、そう深く感じた。 生きるとは、愛とは、親子とは、希望とは、幸福とは。そして命とは。それらの一つの答えを見つけられた作品でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/18
  • 定価
    825円(本体750円+税)
  • ISBN
    9784094518740

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK