声優ラジオのウラオモテ #03
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

声優ラジオのウラオモテ #03

崖っぷち声優やすみ、躍進のラストチャンス! 青春声優エンタメ第3弾!!
著者: 二月 公 (著者) / さばみぞれ (イラスト)
シリーズ:声優ラジオのウラオモテ(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「コーコーセーラジオ!」新コーナーも存外(?)の好評を博し、晴れておだやかな日常を取り戻した夕陽とやすみ。 目下やすみの悩みは――仕事が無い! そんな崖っぷちに舞い込んだのは、夕陽主演・神代アニメの宿敵役!? やっとつかんだ大役に意気込んだのも束の間・・・・・・

「あんた今、周りに迷惑だから」「すげーやりづらかったよ」
容赦なく突きつけられる、一流の壁。できない、苦しい、まだ足りない、それでも――

「あんたにだけは」「あなたにだけは」「「負けられない!!」」

突き抜けたいふたりの声優ラジオ、熱い声援を受けて、まだまだON AIR!!

みんなのラノベまとめ

  • 色々なことを考えさせられる作品5選
    Koukiが作成したまとめ色々なことを考えさせられる作品5選で紹介されています。
    1
  • 「自分的2020ベスト」
    ミカゲが作成したまとめ「自分的2020ベスト」で紹介されています。
    1
  • 自分的2020年ベストタイトル
    よるよるが作成したまとめ自分的2020年ベストタイトルで紹介されています。
    1

みんなからのレビュー

  • よっち

    ラジオ新コーナーも存外の好評を博し、晴れておだやかな日常を取り戻した夕陽とやすみ。しかしほかの仕事がなく悩むやすみのもとに夕陽主演・神代アニメの宿敵役の話が舞い込む第三弾。大先輩たちに囲まれる現場で立て続けにリテイクを出してしまうやすみ。でも苦悩する彼女には励ましてくれる人たちがいて、アドバイスしてくれる先輩がいて、何より負けられないライバルの存在が大きですね。声優さんたちそが語るれぞれのスタンスも興味深いですが、なかなか素直になれずにいがみあいながらも、絆を深めて切磋琢磨する二人のこれからが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    スキャンダル等で騒がしく過ごした日々は終わり、やすみと夕陽は穏やかな日常を送っていた。そんなある日、夕陽主演のアニメの敵役としてやすみが大抜擢。何故自分がと戸惑いながらアフレコに臨むやすみだったが、一流の「壁」にぶつかって…。苦しいけれど、これがプロの世界。努力を重ね、ライバルの力を借りて壁を乗り越えていく、そんなやすみの姿に胸が熱くなる今回でした。大化けしたやすみと、その瞬間を目の当たりにして闘志を燃やす夕陽。二人が挑む次なるステージは?続きが大いに気になります。#ニコカド2020 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★1巻、2巻も新人が書いたとは思えないクオリティの作品だったが、この3巻でさらに一皮剥けた印象を受けた。前巻まではアイドル声優の悲喜交々とスキャンダラスな事件を掛け合わせた業界の暗い部分を描くものだったのに対し、今回は本職である声優業が描かれており、含まれる熱量も比じゃなかった。互いにライバルだと認識し、ずっと面と向かって張り合ってきたからこそ誰よりも彼女の理解者たり得る。胸に抱いた巨大な感情の置き場所に非常に困る、素晴らしい内容だった。 #ニコカド2020 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻、あるアニメのオーディションに参加しその挑んだ役には落ちた由美子だったが、そこで音響監督の目に留まり千佳が主役を演じる「幻影機兵ファントム」の敵役の声を当てる事になるが…というお話です。前巻の事で外野の余計なノイズが消えた事もあってか、ガッツリと声優が役を演じる事に必死になるお話でとても良かったです。後はめくるさんが可愛すぎですかね…?w 由美子がシラユリ役で苦悩するあれこれも良かったですし、それがあっての千佳に相談してからの…は、無いと分かっていても素直にファントムを見たくなる程とても良い→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    熱い、熱すぎる。毎回終盤に盛り上がりを持ってくるのが巧みで高揚感凄いです。伏線は分かりやすいが、歌種の必死の努力や姿勢が演技に反映されているのに感情が揺さぶられます。声優として演技力が試される話で非常に切り込んできたなという印象です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/10
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784049134919

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル