妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない

妹の初恋の相手が俺らしいのだが、どうすればいい?
著者: 芦屋 六月 (著者) / うらたあさお (イラスト)
シリーズ:妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「爽坂くんは、私の一番好きな人……だから」
 上目遣いで瞳をキラキラさせ、頬を染めつつ告白してくる可愛い妹、ひおり。
「……ひ、ひおり?」
「爽坂くんは、私の王子様なんです……」
 あのな、ひおり。爽坂はVtuberであって、人間じゃないんだぞ。わかってるのか? しかも、お前は知らないだろうが、爽坂の中の人は俺……。あ、あれ?
 ま、まじか……この流れ、やばい。
「あのな、実はな、爽坂はな……」
 妹の恋心を壊さないために身バレを防ごうとするも、次々と新しい女の子たちにまとわりつかれることになる庵原玲仁。人気Vtuberと陰キャ高校生の二足のわらじは、無事に成し遂げられるのか?
 憂鬱さを吹き飛ばす、一点の曇りもない抱腹絶倒のVtuberラブコメ、登場!!

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    人気Vtuber爽坂いずるにガチ恋している庵原ひおり。彼女は知らない、爽坂の中の人が兄・玲仁であることを。そして玲仁が可愛い妹の恋心を壊さないため、身バレを防ぐべく悪銭苦闘していることを…。ひおりの親友・杏子やコラボ相手いのんと次々と身バレしていく中、妹だけにはバレてはいけない、と頑張る玲仁の妹愛に溢れたドタバタコメディ。庵原兄妹のテンポの良い掛け合いが実に面白い。なし崩し的に思えるけど、玲仁と杏子はカップル成立ってことで良いのかな?憧れの同級生はどうなるんだろ…?続巻が出るなら嬉しい限りです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    不仲だった妹とYouTuberが切っ掛けに再び話すようになったのだが、そのYouTuberの中の人がまさかの自分で......。身バレしないように奮闘するラブコメもの。題材は今のご時勢に合っていて取っ付き易いんだけれども個人的にはツッコミ所が多すぎてイマイチ乗り切れなかったのが正直な所かな。実際コメディやから頭空っぽにしたら良かったんだろうけれどもなんか一度気になったらもうダメだったわ。京島さんのキャラは果たして必要だったのかな?まあ2巻への伏線とかなら必要か。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nobu

    喧嘩して全く会話がなかった妹の好きなVtuber爽坂が実は自分だったという、まさにタイトル通りの作品なのだけど、非常に面白かった。終始、主人公達は迂闊ですぐに妹に正体がバレそうになるのだけど、妹が爽坂を妄信しているお陰で何とかなるギリギリ感が好き。そして妹の親友の杏子がとても魅力的なヒロインで、特に3章の終わりと4章の文化祭のシーンが本当に可愛い。久々に脳がやられる。あと、魔界系Vtuber多いとか顔バレして人気とかの元ネタが気になり調べた。こういうネタはもっと多くてもいいと思う。続刊にとても期待します。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    不仲な妹がとあるVtuberにガチ恋勢、そのVtuberの中の人である兄の少年が正体を隠すのに四苦八苦しながら、活動を頑張る物語。―――隠すのギリギリ、ぽんこつな彼等は何処へゆく? 妹の同級生やよく絡んでくるVtuberの中の人に絡まれたり振り回されたりしながらも、賑やかに日常を駆け抜ける物語であり、繊細に作り込まれた軽快な面白さが読む手を止めてくれぬ物語である。結局のところ、きっと何かが判明しても。きっとこれなら大丈夫。新たな日常もきっと、根底に流れる想いは変わらぬ筈である。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★★☆ 人気Vtuberと陰キャ高校生の二足のわらじを履く主人公のVtuberラブコメ。これは良質なラブコメ。どのキャラも魅力的に描けているが、登場した時にはウザ系女子かと思っていた杏子が可愛すぎる。基本はからかい好きなJCだけど、あるときは頼れるパートナー時に、またあるときには肉食女子に変貌するけど、本質は健気な彼女の魅力にメロメロになった。多彩な表情を見せるそのギャップが魅力的。 龍華との遭遇シーンの言動には、くー、なんていじらしいんだ!とノックアウトされてしまった。これは是非とも続刊が読みたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/10
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784049133172

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル