WHITE ALBUM2 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

WHITE ALBUM2 2

あの名作のコミカライズ第2巻
著者: 2C=がろあ (著者) / アクアプラス (原作) / 丸戸史明 (監修)
シリーズ:「WHITE ALBUM2」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

あれから3年――その後の三人の姿を描く 心に響く名作「WHITE ALBUM2」をコミカライズ。コミックを手がけるのはPCゲームの原画家としても活躍する2C=がろあ氏。単行本2巻では、前巻から3年後の物語を描く。 高校生活最後の学園祭で成し遂げた「伝説のライブ」。固い絆で結ばれた三人だったが、冬馬かずさは一人ヨーロッパへと旅立っていった。残された春希と雪菜は峰城大へと進学するが、春希は雪菜を遠ざけるかのようにして離れていく……。原作シナリオを手がけた丸戸史明氏全面監修のもと、名作と謳われるストーリーをコミック化。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まろにえ@漫画用

    本編である大学生編開始。ゲーム等で内容は知っているものの漫画で見ると新鮮。ゲームや小説とは違い心理描写が不足してしまう為、春希の自己否定や葛藤が薄く感じられ、結果春希がただの嫌な奴に見えてしまうのは残念。反面展開は早い。 春希は自罰的すぎて結果余計に周りに迷惑かけてるし、その癖大好きな雪菜を振り切る事も出来ない。雪菜は想いと傷が深すぎて春希から離れられない。同じ状況でも、もっと簡単に普通は折り合い付くものだけど… 真面目ってのも度が過ぎると害悪だね。こうやって改めて見ると地獄のような青春時代送ってるねw  続きを読む…

    ネタバレあり
  • 高橋拓也

    主人公の三角関係がものすごく気になります 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 宣和堂

    やはり、CCからが本番。相変わらず編集が巧い…けど、ホンノキモチヤさんは本編に書かれてない行間埋めることの方が本領発揮しそうなんだけど…っと、続きに期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/08/07
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784797377118

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK