竜歌の巫女と二度目の誓い
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

竜歌の巫女と二度目の誓い

大切な誓いはね。違えた時に“呪い”になるの。これは果たされなかった誓いを巡る再会と約束の物語。
著者: アマサカナタ (著者) / KeG (イラストレーター)
シリーズ:「竜歌の巫女と二度目の誓い」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「私を守ってくださいますか?」

 かつて幼き騎士ギルバートと誓った約束は呪いへと変わり、竜歌の巫女は名もなき少女となり再びこの地に生を受けた。

 少年に裏切られ、全てを呪いながら生涯を終えたこの世界。十二年の月日が経ち、生まれ変わった少女は奴隷として売られそうになっているところ、青年となった騎士ギルバートに拾われる……それは彼女にとって望まぬ再会。ルゼという名前を与えられ、やがて始まった彼の屋敷でのメイド生活。新鮮な日々、暖かい人たちとの触れ合いと久々に訪れた優しい時間は止まっていたルゼの時間をゆっくりと動かし――。

 世界を呪った少女と英雄となった騎士。誓い合った二人が、輪廻を超えて再び巡り合う再会と約束の物語。

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    かつて竜歌の巫女が幼き騎士ギルバートと誓った約束。それは裏切りから呪いへと変わり、世界を呪った少女と英雄となった騎士、かつて誓い合った二人が輪廻を超えて再び巡り合うファンタジー。人々が飢え苦しむ前領主の悪政を覆した革命。苦しい過去の記憶を持ったまま転生してルゼと名乗った少女とギルバートの邂逅。彼女と呪われたギルバートの関係は複雑で、けれど温かい人達との触れ合いが少しずつその想いを変えていって、過去の苦しみはそう簡単に忘れられなくとも、それでも未来に希望を見出そうとする結末にはぐっと来るものがありましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かっぱ

    信頼していた騎士にかつて誓った約束を破られた巫女が呪いを抱えたまま生まれ変わった生を送る物語。少し人を選ぶような作風には仕上がってるけれど面白かった。 いつだってハッピーエンドの裏側で涙する者がいる。誓いと呪いは表裏一体だ。強く願ったからこそ、それが善にも悪にも繋がる。全体的にはテーマも含めて物語の重さが映るけれど、いざ読んでしまえばどこか救いのある、どこか温もりのある手触りを残してくれるから良い。また、心の移り変わりの描写がとても丁寧で物語に引き込まれた 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ GA文庫大賞銀賞受賞作品。発売前から表紙・あらすじに惹かれていたので購入を即決した作品であるが、事前のハードルの高さを十分に飛び越えてくれた。物語は冒頭から暗い話で始まり、竜と心を通わせる事の出来る少女・竜歌の巫女が処刑される場面のインパクトから即座に物語に惹き込まれてしまった。処刑される前に結んだ一つの約束を違えてしまった少年と生まれ変わった後に再会した少女が過ごす一見穏やかな日常を描いた今作は、憎しみや呪いを抱いたまま生まれ変わった少女がゆっくりとその想いを溶きほぐす様子を楽しむ事が出来→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    かつて伝奇小説で良く見た、大衆の悪意に踊らされる贖罪の物語。 多数を救う正義が、悪とされる者達を糾弾する民衆が何故こんなにも醜く見えるのか。 それは無知だから。民衆は純真な少女を知らず、少女は救われた民衆を知らなかった。正義も悪も見方と時間によって変わりうる。心情描写の移り変わりがとても丁寧な一作。 ただ、それだけにキャラを動かす設定、歴史背景、世界観が薄かったのが残念。恐らくフランス革命がモデルだと思うが、少女漫画チックで不自然にぼかされている。二巻は蛇足だとは思うが、その辺を説明するのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    軋む心、果たされなかった約束、絶望から少女は世界を呪い、悪夢の連鎖は続いてしまう。 途中涙腺が緩んだぁ。受け入れてもらえない事を恐れたルゼが、それでも自分を大切にしてくれた女性に会いに行けば良かったと涙を流す姿には思わずもらい泣き。会いに行けば、少しでも何かが違っていたのかな。 呪いの言葉を投げてもなお、何も知らなかった少女を殺した人々を呪うのではなく自らを呪うあたり、どこまでも少女は優しかったんだね。逆に言えば本当に世界を呪うつもりであったなら作中の悲劇は悲劇として完成されていたのかもしれない。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 僕の一番好きなファンタジー作品たち
    にゃこが作成したまとめ僕の一番好きなファンタジー作品たちで紹介されています。
    2

関連情報

ライトノベル大賞&新人賞 2021 キミラノまとめ

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/11
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784815605278

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK