邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 2

不良神官と彼に甘やかされる天使が紡ぐファンタジー第2弾!
著者: 千羽十訊 (著者) / えいひ (イラストレーター)
シリーズ:「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「雌獅子の女神が復活した――このままだと、人類は絶滅する」

英雄アウグストがイフリートと相討ちになり死亡して数日後、祈師が殺される事件が教皇顧問団で問題となった。事件現場は、山脈が抉り、消し飛ばされたという。
「丁度いいスタッフがいるではありませんか。有能かつ、死んだら死んだで構わない、そういう祈師が」
そんな事件に送り込まれることになったギィたちは、教団と敵対する亡神結社の刺客と邂逅する。
「で、こいつはチェルシー・ザラ。オレの嫁」
「誰が嫁だ!」
不良神官と彼に甘やかされる天使が紡ぐファンタジー第2弾!

みんなからのレビュー

  • しぇん

    一巻の内容がうろ覚えに。題名と違って本格ファンタジーぼかった記憶はあるのですが……。二人目のヒロインの話中心で、幼馴染みの男キャラ追加などありましたが、メインのお話は特に進まず。三巻出ると考えてよいのでしょうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    教団の祈師が殺され、その祈師の神格奴隷を捜索する任務がギィ達に命じられる中、アストリッドが因縁のある神と再会する今巻。―――撃ち抜け、例え敵が恩人だとしても。人間達を守る為に。 師に人類抹殺の大罪を背負わせぬ為に。神としての在り方と人としての在り方がぶつかり合う中、チームとして戦う巻であり、前巻にも増して強力であり、戦いづらい相手と死闘を繰り広げる、前巻にも増して熱く面白くなる巻である。一つの再会と別れの先、再び旅が始まる。果たして彼等は、神を騙す神を殺す事は出来るのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ARI

    今回ギィの元に舞い降りた事件、その首謀者たる女神は災厄ともされる強大な存在だった。気に入らない神は殺す。変わらない信念に沿い向かうその女神は、しかし、アストリッドの過去にも深く根ざす神格であり……。 人としてまだまだ未熟なアストリッド。その過去と現在の変化が描かれ。そういった神の在り方、人の在り方の描き方が1巻に続き非常に秀逸でした。更に物語に神話をこれ以上なく見事に溶け込ませていることには感嘆の息を吐くことしかできませんでしたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/13
  • 定価
    670円+税
  • ISBN
    9784815608071

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル