最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2

裏切りを誘い、謀略を巡らせ完全掌握
著者: じゃき (著者) / fame (イラスト)
シリーズ:「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

裏切りを誘い、謀略を巡らせ完全掌握

最強の探索者を志す【話術士】のノエル。
強力な仲間を引き入れた彼は組織をクラン最高峰“七星”へと導くため、着々と戦力を整えていく。
その折、深度八の悪魔・魔眼の狒狒王が現界。
組織の名声を高めるべくノエルは討伐へ赴くが……?
さらに、帝都では探索者達の間である噂が流れていた。
近々、史上最強の悪魔『冥獄十王』が現れるのだという。
事態を重く見た七星までもが動き出す中、ノエルは彼らすらも利用した驚嘆の謀略で頂点へと駆け上がっていく――。 
最凶の話術士による完全無欠の組織ファンタジー、裏切りと謀略の第2幕! 
――そして、囚われの傀儡師・ヒューゴへの道が開かれる。

みんなからのレビュー

  • アウル

    最強を目指すノエルはコウガを仲間にしたが更に仲間を集め戦力を整え、クラン最高峰”七星”へと目指していく巻。前巻も思ったけども今巻もノエルは色々と容赦ないな(苦笑)だがそれが面白いのよね。自身の夢を叶えるならばこれ位は最低条件で自身も追い込むスタイルなのがまたええよね。今巻で一騎当千の戦力が整ったが次巻からは七星を目指してまたノエルは暗躍していくのかな?まあ、不穏な感じもするし果たして次巻どうなるのか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    コウガを仲間に加え着々と戦力を増す中、強力な悪魔と最強の面々が登場する中で彼等すら利用した策略を用い、ヒューゴへの道を開いていく今巻。―――止まる事無く躊躇う事無かれ。その目的の為ならば。 強力な悪魔との戦闘の前に強力なパーティを内部から崩したり、フィノッキオ達様々な人物を巻き込み策を動かすノエル。彼の策がまたまた嵌る、更に悪としての生き生きとした輝きが増し、ダーティな魅力が更に高まる巻である。遂に揃った最強の面々。最強の一角を切り崩す事は、果たして策の果てに為し得られるか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ もはや話術士というよりも詐術士と言った方がふさわしいんじゃない?なんでいつもマウントとろうとするんだろう?ノエルの野望に巻き込まれてしまったレオンにはご愁傷さまとしか言いようがない。強く生きてくれよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りんりん

    ★★★★☆ 続編期待 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    今回も容赦なく人の弱みにつけ込み、蹂躙し尽くす。その様子はまさに蛇。じっくりと絞め殺し、最後は丸呑みにする。もはやダークヒーローを通り越して悪党のレベルだが、強者喰いするにはこのくらいの覚悟は必要不可欠。悪名すらも力に変える強かさ。最強に到達するための覚悟をこれ以上なく感じた。ある程度メンバーも揃った感じなので、これからの暗躍に期待。しかしラノベにあるまじき男女比だな…。それもまたこの作品らしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル