アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アポカリプス・ウィッチ 飽食時代の【最強】たちへ 3

ついに現れた本物の『脅威』。さらには人間の 『黒幕』からも刺客が――!
著者: 鎌池和馬 (著者) / MikaPikazo (イラスト)
シリーズ:アポカリプス・ウィッチ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 カルタ達が不在の中、無人の新型学園船セカンドグリモノアを『脅威』の群れが覆い尽くす。いや無人ではない、船の最下層には深手を負い水晶像となったまま回復を待つかけがえのない旧友、ゲキハ達が取り残されているのだ。
 今度は本物の『脅威』、何が起きるかは未知数。それでも学校の奪還を目指すカルタ達だが、全体指揮を執る生徒会長キョウカの元にもう一つの問題が。多国籍連合軍の代表として何食わぬ顔で現れた美女は、未熟な復讐者ナタレーナを仇討ちの連鎖に巻き込んだ人物だったのだ。
 つまり、人間達の『黒幕』。
「レトネーエ=クーレントです。続行不能とみなした場合は我々が引き継ぎます」

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • みどり

    一応決着。 「本物の脅威」を撃破し、学園を守る。 守るというより取り返す、か。 カルタもキョウカも「正義」について思うところがあるみたいに感じる。 確かに「正義」は「自分」だと思ってしまえば、 それはそれで、いいのかもしれないと思った回。 次はあるのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    セカンドグリノモアを襲う本物の「脅威」。人間側の「黒幕」。前後から迫る脅威へ向けてカルタ達が挑んでいく今巻。―――汝の正義は何処にある。誇るべき柱は何の為。例え敵に思い知らされる事となろうとも、最強である事を止められない。今までで一番の危機ともいえる状況の中、それぞれの心の中にある正義の為にカルタ達が戦う巻であり、何処か黒くて読み応えがあって、心熱くなる戦いがある巻である。取り戻した居場所、だがもう降りる事は出来ぬ。この場所からも。走り続けていくカルタ達の次の敵とは。 次巻も早めに読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    ついに本物の『脅威』達が姿を見せたけど、主人公が戦ったのはライオン型が変じた赤紫の鎧武者型だけ! それでいいのか? 生徒会長と銀髪褐色の『黒幕』の陰の駆け引きの方がまだ面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナツ

    スピードが速いと言うか、じっくり書かれてる禁書、一つ一つの事件をコンパクトにまとめたHOとは違って、それ以降の作品は実験というか、決して楽をしない作品作りになっていると思う。ごった煮のインテリ、雑誌連載のヴァルトラウテ、禁書とは真逆(?)の未ブラ、WEB連載の吸血ゾンビとマギステもまた違うし、今は亡きLINE文庫エッジの2シリーズも違った世界観や設定を練り固めていたと思う。そして、このアポ魔女は、また違う。17年、100冊以上書いてまだ違う面白さを出せるのか。恐ろしい……4巻はいつだろうね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろ

    うじうじ系主人公にしては、開き直りからの大暴れが足りない感じなんだなぁ。最終的に吹っ切れるのかどうか 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/10/10
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784049134490

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK