サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT! 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT! 4

「皆さんは、先生になるんです!」新たなミッションは訓練生の指導教官!?
著者: 築地俊彦 (著者) / 島田フミカネ (カバーイラスト) / 月並甲介 (挿画) / ヤマグチノボル (原案) / 島田フミカネ&Projekt World Witches (原作)
シリーズ:サイレントウィッチーズ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 激闘の末、ハルカとチュインニを救出した「いらん子中隊」にカウハバ移転の指令が下る。
「皆さん、ここで我々はウィッチの教育にあたります!」前戦から退いたと気が休まったのも束の間、突如エルマから訓練生の指導を命じられる智子達。
しかし、ラウラ・ニッシネンら訓練生達の期待とは裏腹にイカサマや盗みといった破天荒な授業内容が繰り広げられる! 
 そんな新たな日常を過ごすいらん子達の下に空軍部隊の雄、第24戦隊がスオムス中央空域で連絡が途絶えたとの報が届く。
捜索隊として現場に向かう智子とビューリングであったが「智子、見たか?あいつは……」驚くべき敵と遭遇して!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ナギ

    前線から退き、カウバハでのいらん子中隊が始まりましたが、訓練生の教師役が回ってきたり、模擬戦予定の相手が失踪からのネウロイ出現と、なかなか落ち着かせてもらえないですね。それにしても人型ネウロイの狙いは何なのかが不明なのが不気味ですね。501前にこんなに出てきちゃっていいんでしょうかね。整合性の部分が難しい調整になりそうですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    前線から退いた基地で智子達が新人教育に励む中、戦隊の救援に向かった先で驚くべき敵と遭遇する今巻。―――己に為せる事を為せ。そして生き抜け、この戦場で。やっぱりいらん子中隊は教育に向かない、という分かっていたかもしれない事実を突き付けるドタバタの中、新たな敵と激闘を繰り広げる、正に新たな章の始まりと言わんばかりの新たな面白さが弾けている巻である。何とか教育も終えた先、新たな戦場の空で彼女達を待つのはどんな敵か。彼女達は再び最前線へと進む事になるのだろうか。ネウロイの次の手とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サタイン

    このネウロイさんたちは過去の存在なんですよね。明らかに一期の501ぐらいだったら勝ててなさそうな強さなんですけど。先生役を押し付けられてこいつらいらん子中隊ってそりゃ呼ばれるわなってレベル。でも、決める所は決める。かっこいい。でも、これ医務室が定位置になりそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK