勇者の棺桶、誰が運ぶの? ポンコツ娘は救われ待ち
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

勇者の棺桶、誰が運ぶの? ポンコツ娘は救われ待ち

死んだ勇者がどうやって復活してるかって? 俺らが運んでるんだよ。
著者: スフレ (著者) / clear (イラスト)
シリーズ:勇者の棺桶、誰が運ぶの?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

治癒魔法が突然世界から消え、五年が経った。
人々は気軽に治療ができず、冒険稼業はピンチを迎えていた。
そこで登場したのが、遭難した冒険者などを救出するレスキューギルド。
隊員の一人であるレスクの今日の任務は
「……ばたんきゅ~」
えっと、ダンジョンで弱小モンスターにやられた勇者の搬出?
世界を救う勇者だけは特別で、死んでも棺桶に姿を変える。
教会で祈りを受けることで復活できるが……肝心の棺桶は誰かに運んでもらう必要があるのだ!
今週17回目の棺桶になった勇者を何とか救いだしたレスクは、隊員として今日も街の平和を守るために「ばたんきゅ~」
……おっと、この話をしている間にもまた勇者が倒れたようだね。

関連情報

MF文庫J新作『勇者の棺桶、誰が運ぶの? ポンコツ娘は救われ待ち』発売記念特集

みんなからのレビュー

  • 絵美

    女神の力により、死んでも棺桶化し教会で生き返ることが出来る少女勇者。その棺桶を敵地から回収し教会まで運ぶ救助ギルドの少年が主人公。 ヒロイン枠は勇者と相棒の少女の2人(もしかしたら薬師の子も?)のようだが、私は相棒の子の方が好きかな。どちらも命懸けで仕事をしてるのは変わらないんだけどね。転んだり小指ぶつけたりする度に死んで迷惑かける子はあんまり……(笑)。 主人公の幼馴染が連れ去られてから5年間どんな扱いを受けていたのかや、治癒魔法が世界から消えた顛末。それに、あんまり頭が良くなさそうな魔王や魔物が、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    邪神によって魔王が復活し突如治癒魔法が消えた世界で、救助ギルドに属する少年が、死んでも復活できる勇者の少女を助けながら奔走する物語。―――例え世界は救えずとも、自分にしか出来ぬ戦いがある。 勇者を助けてドタバタ劇を繰り広げたり、過去の因縁を相手に最高に盛り上がる戦いを繰り広げたり。そんな正にど真ん中のエンタメと呼ぶべき作品であり、真っ直ぐで多様性のある面白さ溢れる、万人に自信を持ってお勧めしたい作品である。因縁を越えもう一度二人で。歩き出した二人の道は何処へ向かうのか。 次巻も早めに読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 524

    ☆5 【1/1024】回復魔法が世界から消え去り、回復薬が貴重になった世界で、死んでも復活できる勇者を回収するレスキューが仕事な主人公のファンタジーコメディ。設定的にも「100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない(☆5)」みたいな話なのかなーと思ってたのだが思ってたよりも棺桶回収してなさすぎて、これなら普通にファンタジーやってたほうが面白かった、というよりも勇者抜きでカレンと一緒にレスキューやってるシーンのほうが普通に面白かった。【お気に入りキャラ:カレン】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    おお ゆうしゃ しんでしまうとは なさけない…。勇者は魔物に倒されたら所持金半分で王様の前に投げ出されるもの。今まで魔物は親切だなぁと思ってたが、誰かが回収してそのお代として所持金半分持っていくのは確かに理にかなっているかも。その発想が面白い。お約束とはいえ、世界の命運を個人に委ねるなんてとんでもないこと。しかも大切な者を失っても自分だけは助かってしまう。辛すぎる宿命。そんな勇者を支える立場の者たちの物語というのは中々興味深かった。守りたい者のためなら、人は強くなれる。二人の活躍で世界を救えるか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    某RPGの様に勇者は死んでも棺桶になって、教会で何度でも生き返ることが出来る。でもその棺桶はだれが運ぶ?この作品は、そんな勇者をレスキューする職の人の物語。 治癒魔法がなくなってしまった世界とか、救助専門の人が生まれる世界など世界観は何だか面白い感じだと思いました。 レスキュー要素が割と序盤だけで、後半普通のファンタジーで尻つぼみ感ありました。もっと続刊続けば面白くなりそうな感じあります。 物語には関係ないですけど、すごい分かりやすい所に誤字がありました。(主人公の名前) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/09/25
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784040659381

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル