可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 11
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 11

本気モード突入! な新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、第11弾!
著者: 花間燈 (著者) / sune (イラスト)
シリーズ:可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

クリスマスの夜、唯花ちゃんからの本気の告白を受けた俺、桐生慧輝。自分を選んでくれるなら普通の女の子になってもいい、とまで言ってくれたものの、俺はどうしてかその場で答えることができなかった。返事を保留にしたままどうにも落ち着かない年末年始、相も変わらず変態娘たちに振りまわされていたが「──ね、慧輝君?」偶然にも聞いてしまった紗雪先輩の想いにより一層、動揺することに。そしてついに三学期が始まる。それは紗雪先輩の卒業が迫っているということを意味していて……。唯花ちゃんへの返事、紗雪先輩の想い、様々な感情を胸に、俺の出した答えは――。新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、第11弾!

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子書籍】クリスマスイブに唯花から愛の告白を受けた慧輝は、やがて紗雪からも想いを伝えられる。慧輝の為なら自分を変えても良いという二人に対し、嬉しく思うも胸の奥で何かが燻り返事ができずにいる慧輝。悩む日々を過ごすうち、真緒が放った一言で吹っ切れた慧輝は、自分の本心を告げる決意をする…。ああでもないこうでもないと、ウジウジ悩み続ける慧輝の様子にジリジリしながら読み進めた今回でした。クライマックス間近という感じです。慧輝は誰を選ぶのか?目標だった『変態の矯正』はできるのか?物語の行く末を最後まで見守りたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    唯花ちゃんの脱・変態宣言からラブコメは動き出す。表紙は紗雪先輩だけど、話としては書道部全員。思いを告げた唯花ちゃんの攻勢と、対抗する紗雪先輩の押しの強さにサンドイッチな慧輝。やっぱり慧輝は人のこと言えないよなぁ。印象的だったのは真緒で、彼女は部の中でも一歩先を行っていたんだなと。無理やり押さえつけてたらいつか爆発するのは道理だし、慧輝も気を使うタイプなので、スタンスをはっきり出来てよかった。しかしこの終わり方はあの子に厳しすぎない? まあ、この程度で諦めるなら変態やってないだろうし、どう出てくるのか期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/09/25
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784040649436

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル