現実主義勇者の王国再建記 13
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

現実主義勇者の王国再建記 13

これが俺の「切札」だ
著者: どぜう丸 (著者) / 冬ゆき (イラスト)
シリーズ:「現実主義勇者の王国再建記」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

これが俺の「切札」だ

敵対国家・九頭龍諸島連合へフリードニア王国艦隊の派遣を決定したソーマ。
故国を救うべく身を捧げた九頭龍諸島の姫シャボンを味方に付けたソーマは、彼女の手引きで王国艦隊の到着前に島へと潜入する。
――目下の問題は諸島連合艦隊よりも、近海に出没する謎の巨大生物。
そう睨んだソーマは敵国内で巨大不明生物の情報収集にあたる。
かくして判明したその実体は常識を逸脱した怪物で……!?
敵国艦隊と巨大生物、迫る二つの脅威にソーマが講じた策略とは!?
革新的な異世界内政ファンタジー、第13巻!

みんなからのレビュー

  • よっち

    敵対国家・九頭龍諸島連合へフリードニア王国艦隊の派遣を決定したソーマ。故国を救うべく身を捧げた九頭龍諸島の姫シャボンを味方に付けたソーマは、彼女の手引きで王国艦隊の到着前に島へと潜入する第十三弾。王国との対決姿勢を崩さない諸島連合艦隊と、そもそもの緊迫状況を生む原因となった近海に出没する謎の巨大生物・オオヤミズチ。諸島連合艦隊とオオヤミズチ、直面する二つの脅威にソーマが講じた策略、先を見据えた落としどころは見事だと思いましたけど、だからこそ将来的にフウガの国との関係がどうなってゆくのか気になる結末でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柏バカ一代

    この巻は怪獣退治がメイン。 口から何かを吐くのはお約束。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 蛇の婿

    メカドラの登場に快哉。今巻はストーリーが1本の怪獣映画のようで非常に面白かったのですけれど、怪獣やメカドラのイラストに凄い不満が…ここんちの魔獣って一般的なゴブリンやらオーガとかでなくクトゥルフ的な混沌の諸相表現が強く、この怪獣も二枚貝やら頭にも間違えそうな巨大な触手やらうねうねっぷりが強く書いてあるのになんかすごい昭和のやっつけ特撮怪獣なイラストで…あとメカドラの手な。あれだと操作できないだろうがよ…ジャンボマシンダーじゃないんだから…なんだかなぁ… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • T

    九頭龍諸島連合へ王国艦隊の派遣を決定したソーマは、九頭龍諸島連合の姫・シャボンの手引きで艦隊到着前に島に潜入する。目的は九頭龍諸島を襲う謎の巨大生物・オオヤミズチの情報。敵国艦隊と巨大生物という二つの脅威に彼はどのように立ち向かうのか。異世界内政ファンタジー第13巻。海上での艦隊戦ではく、オオヤミズチの討伐がメインの今巻。作者が怪獣映画好きということもあって、オオヤミズチという怪獣を討伐する流れは特撮怪獣映画を読んでいるようで面白かったです。今回打った布石が今後の物語でどう活きるのか。今後も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    シャボンを味方につけ王国艦隊よりも先に島へと潜入する中、諸島連合の悩みの原因である謎の巨大魔獣、オオヤミズチへ立ち向かう事となる今巻。―――荒海を往く魔物を狩れ、誰もが知らぬ未知なる力で。シャボン姫を味方に巨大な魔物を相手に王国艦隊の力を見せつける、圧倒的な力と人脈による爽快感を見せつけ新たな絆を結ぶ巻であり、また一つソーマの新たな策略が冴え渡る巻である。果たして、海を制しつつあるソーマの次の国策とは。そして大地を駆け領土を切り取ろうと暴れ回るフウガとはいつかぶつかり合うのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル