パワー・アントワネット
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パワー・アントワネット

大人気WEB小説が早くも書籍化!
著者: 西山暁之亮 (著者) / 伊藤未生 (イラストレーター)
シリーズ:「パワー・アントワネット」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「言ったでしょう、パンが無いなら己を鍛えなさいと!」
パリの革命広場に王妃の咆哮が響く。
宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネットは革命の陶酔に浸る国民に怒りを爆発させた。自分が愛すべき民はもういない。
バキバキのバルクを誇る筋肉(フランス)へと変貌したマリーは、処刑台を破壊し、奪ったギロチンを振るって革命軍に立ち向かう!
「私はフランス。たった一人のフランス」
これは再生の物語。筋肉は壊してからこそ作り直すもの。
その身一つでフランス革命を逆転させる、最強の王妃の物語がいま始まる――!!
大人気WEB小説が早くも書籍化!

パートナーのおすすめレビュー

  • レオン
    レオン
    愛すべき国民はいなくなり、家族とは引き離され、ギロチン台に乗せられたマリー・アントワネット。そんな彼女が逆転の手段に用いたのは……バキバキに鍛えた己の筋肉! 圧倒的な戦闘力で革命軍を蹂躙しちゃうんだ!

    「パンが無いなら己を鍛えなさい」ってどこかで聞いたことがあるようなセリフが出てくることからもお察しなんだけど、この本のマリー・アントワネットが重んじているのは筋肉(そして強さ!)。フランス=筋肉であり、筋肉が全てを解決してくれるっていうんだから、もうよくわからないけど「そのとおりです!」って言うしかないよね。いや、この圧倒的な勢い、嫌いじゃないよ!

    対する革命軍には、共和制ならぬ共和筋肉(クスリでドーピング)に身を包んだ強化兵なんてのも。もうワード自体が面白いんだけど……。
    そして、鍛え上げた肉体同士がぶつかれば……熱い戦いが生まれるんだよね! 鍛え抜いた力でライバルとぶつかり合い、ときに孤立無援の闘いに絶望しながらも、国を牛耳ろうとする巨悪へ挑むマリー。その姿は、「こういうのでいいんだよ」って言いたくなるくらいにヒロイックな王道ど真ん中! まさにヒロインと呼ばれるにふさわしい活躍だったよ、マリー!

    ナイスバルク!
  • ディアナ
    ディアナ
    マリー・アントワネットをはじめ多くの王族が殺され、フランスが共和制に転換したフランス革命。この世界史を揺るがす歴史的出来事の顛末が、なんと個人の筋肉で書き換えられちゃうっつー、痛快このうえなしの歴史ifものっスよ!

    マリーたちが目指すのは、恐怖を振りまく革命を否定した、筋肉による王政復古ッス。そのために彼女が闘争を繰り広げる敵の中には、ロベスピエールをはじめ、革命期の歴史に名を刻まれた人物も! 絶大な戦闘力を誇る彼らの戦いっぷりは、史実に基づく彼らの出自や思想を忠実に再現してるんス。この時代が好きな人はニヤリとしちゃうこと間違いなしッス!

    ただ、マリーたちが民からの支持を再び得るためには、力だけじゃどうにもならないんス。民心を取り戻すのに重要なのは……鍛え上げられた神々しいほどの肉体美! やっぱり筋肉なんスね!? 民衆の前でボディビルのごとくポージングを決める王族たちには笑いが止まらなくなったけど、本来なら民に殺されていたマリーやその子供たちが、民たちに認められ、彼らとともにある姿は、歴史のifが存分に詰まった激熱な光景! 笑ってるはずなのにわくわくも止まらなかったッスね!

みんなのデータ

  • 13
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    処刑台に送られたマリー・アントワネットは、筋肉で処刑台を破壊して、奪ったギロチンを武器に革命軍に立ち向かう!冒頭から呆気にとられる怪作。過剰な筋肉へのこだわり、テンションの高い語り口など、猛烈なまでのインパクトがある。しかも、この作品の面白さは表層に留まっていないことで、マリーの人物造形など感情移入できるし、ドラマ展開が手堅く気持ちが入った。作品が地に足着いている印象。活劇場面の多さには、目を瞠る。マリーとデュ・バリー夫人の対決場面は、武闘小説として優れた仕上がり。終盤は怒涛の盛り上げで、読み応えあった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • トラシショウ。

    「運命に立ち向かい!邪悪に立ち向かい!たとえ傷付き倒れようとも!何度でも起き上がり、尚も鮮烈なる美を放ち続ける!(中略)足を大きく開き、悪を睥睨するその姿!エッフェル塔がマリーの神々しさを称えて作られたのは言うまでもない!」。フランス革命直後。ギロチンでの処刑寸前にハプスブルク家に伝わる秘術でパンプアップした王妃マリーは、たった一人の「筋肉(フランス)」として真の建国を目指し、気弱な男の娘のサンソン、ドジっ子騎士デオン、パリピ仕立て屋ローズらと共に立ち上がる。筋肉にお願いだ!!!!(以下コメ欄に余談)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    力とは正義であり、故に筋肉である。個人的にまさにパワーワード満載の1冊で面白かったわ。宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネットは処刑執行のその時、革命の陶酔に浸る国民に怒りを爆発させ咆え、筋肉へと変貌し革命軍に立ち向かう話。色々と濃いわwルビの振り方もツッコミ所満載で笑えるし、楽しんで読めた。後半は熱い展開もあったりと良かったわ。歴史が変わったフランスや近隣諸国がどう動いていくのか非常に気になる所やな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TSUBASA

    フランス革命の折、断頭台の露に消えんとしていたマリー・アントワネットは鍛え抜かれた肉体でギロチンを破壊し、処刑人サンソンを連れ逃亡。サンソンや仕立て屋のローズ、スパイのデオンに助けられ、隆起した上腕二頭筋にギロチンブレードを引っさげ囚われた娘と息子を助けに行くのだった。ナイスバルク!「筋肉」という語に「フランス」とルビをつけるパワープレイよ。嫌いじゃない。フランス革命に関しての説明が最小限だけど、しっかり史実のパロになってるし、展開の盛り上げ方もパンプアップ後のボディビルダーのようにメリハリがあって良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • T

    宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネット。彼女は、革命の陶酔に浸る国民たちに怒りを爆発させ、筋肉へと変貌し、革命軍に立ち向かう。筋肉が歴史を変えるフランス革命異聞、開幕。極限まで鍛え上げられた筋肉美がフランス革命の歴史を変える物語。どこまでも筋肉が溢れる独特の面白さに最後まで飽楽しめるだけでなく、後半からの胸熱な展開に感動しました。他国の筋肉事情や歴史が変わったフランスが今後どのような道を辿るのかは個人的に気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 熱く、止まらない、志向のラノベ
    ケイトが作成したまとめ熱く、止まらない、志向のラノベで紹介されています。
    4

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/13
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784815608231

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK