姉ぶる初恋相手に絶対敗けない!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

姉ぶる初恋相手に絶対敗けない!

勝つのは初恋か、姉ムーブか。一つ屋根の下の恋愛闘争劇!
著者: 佐倉 唄 (著者) / なたーしゃ (イラスト)
シリーズ:姉ぶる初恋相手に絶対敗けない!(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

俺の告白計画は完璧の筈だった。筈だったんだ! 告白相手の真綾が義姉になるなんて衝撃の展開さえなければ。だが諦めてなるものか! 弟でなく今一度恋愛対象として見てもらうべく俺は姉ぶる初恋相手に立ち向かう!

みんなのデータ

  • 17
    評価する
  • 21
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    同級生の真綾といい感じなのに、理屈っぽくヘタレでなかなか付き合えない高校生・柘原修一郎。そうこうするうちに母親が再婚し、真綾が義父の連れ子として義姉となってしまう青春ラブコメディ。チャンスと見てお姉ちゃんとしてぐいぐい攻める真綾と、弟でなく恋愛対象となるべくそれに立ち向かう修一郎、という噛み合わなくてどんどん拗らせてゆく無駄に面倒くさい両片想いの構図、それでいてあまりにも甘い二人の距離感には眩暈がしますが、そんな二人の関係は周囲に秘密なゆえに早くも波乱の兆候しかなくて、今から続巻が楽しみな新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子】もし好きな女の子が突然自分の姉になったら?もし好きな男の子が弟になってしまったら?互いに憎からず思っている二人が親の再婚によって姉弟の関係になってしまうことから始まるラブコメ。姉としての立場を利用して積極的に迫る真綾と、弟の立場にはなりたくなくて防御を固める修一郎の恋愛攻防戦が、テンポの良い会話劇を中心に描かれています。なかなか進まない関係にもどかしさを感じますが、それが面白いところでしょう。波乱に満ちた展開が予想されるエピローグで、どんな展開が待っているのか大いに気になります。期待の新シリーズ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    両片想いの主人公とヒロインが両親の再婚により姉弟関係になる。なんとしても結婚したい2人が見せる不器用な感情の見せ方が見事でした。最後に距離が縮まったと思ったら新たなヒロイン2人登場とか先の展開が気になる終わりかたでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • T

    柘原修一郎は親の再婚をきっかけに、初恋相手兼クラスメイトの佐藤真綾と義姉弟になる。初恋相手が家族になるという危機的状況から抜け出すための策を必死に考える修一郎。一方で、真綾も修一郎に好意を持っており、仲を深めようと姉ムーブ全開で修一郎に迫る。義姉弟の両片想い恋愛闘争劇開幕。“姉弟”という関係に収まらずに恋人関係になりたい修一郎と、”姉弟”という関係を利用して恋人関係になろうとする真綾。両片思いにも関わらず噛み合わない二人の会話劇やそれぞれの心理描写が楽しかったです。新たな波乱が起きそうな次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    両片想いの修一郎と真綾が両親の再婚で義理の姉弟になってしまう。 義妹になったことで修一郎にグイグイ迫るも、修一郎のカウンターに悶える真綾が可愛すぎます。その一方で、姉ぶる真綾に恋愛対象として見られていないのではと危惧した修一郎の心中は察して余りあるかと。 周りには秘密にしている2人の関係がこれからどうなっていくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK