双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 4

楽しい村づくり中に、新たな客人が!? 捨てられ幼女のもふもふ森暮らし!
著者: 池中 織奈 (著者) / カット (イラスト)
シリーズ:双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

新天地に辿り着き、仲間たちと新たな村づくりを始めたレルンダ。
自分の力が起こす不思議な現象に、『神子』であると自覚し始めた一方、『神の娘』と呼ばれている民族の少女フィトが自分と似た存在なのかが気になる。
フィトの正体を確かめようと思っていると、村に新たな訪問者が!
双子の姉が『偽神子』だと気づいた神官イルームがレルンダを探しに来たのだ。
彼はレルンダを強制的に大神殿へ連れて行く気なのか、それとも――?

『神子』の立場をめぐって双子の姉妹に急展開が訪れる第4巻!

みんなからのレビュー

  • かなで

    神の娘としてフィトがレルンダの村に人質として送られてきた。フィトは神の娘を演じているだけで特別な力はない。むしろ初代の神の娘を神として崇めている、と。さらに翼を持つ種族がレルンダに接触してこようとする。だが、民族の人間は決してレルンダの話をしようとせず守ってくれた。そのことによりレルンダの中の民族の人たちは仲間となり、神子の祝福が民族の土地にまで現れた。さらに、イルームという神子至上主義な神官まで現れて、レルンダは大忙し。そんな中、おばば様が寿命で亡くなる。それを機にレルンダは生と死について考え悔いの→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サクラ翡翠

    新しい村での生活も順調なレルンダ。神子だと自覚し始めたが、『神の娘』と呼ばれている民族の少女フィトが自分と似た存在なのかが気になる。そんな折、双子の姉が偽神子だと知った神官がレルンダを探しにきて!? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル