ナイトウィンドの影 ソ-ド・ワ-ルド短編集
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ナイトウィンドの影 ソ-ド・ワ-ルド短編集

“リプレイ”でおなじみ、美しき女盗賊のデビューを描く、山本弘の表題作をはじめ、高井信、水野良の書き下ろし中短編を収録。
著者: 山本弘 (著者) / 見田竜介 (イラスト) / 安田均 (編者)
シリーズ:ソード・ワールド短編集(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

その夜、ラバンの街は風が強かった。街でいちばん高い建物、チャ=ザ寺院の鐘楼にたたずむ、ふたつの黒い人影。やがてそのひとつが宙に浮かび、風に乗って城壁を越えると、領主の寝室に飛びこんでいった。「何者だ!」領主の問いに、黒豹を思わせる若い美女が答えた。「ただの夜の風よ――」“リプレイ”でおなじみ、美しき女盗賊のデビューを描く、山本弘の代表作をはじめ、高井信、水野良の書き下ろし中短編を収録。ソード・ワールドは、今日も冒険でいっぱい!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • barcarola

    久しぶりの再読。ナイトウィンド登場の「ナイトウィンドの影」。デュダ&リュークが若い(笑)「鏡よ、鏡!」。「神官戦士が六人」は羽根頭シリーズというよりはシナリオ集に有ったことで印象に残っていた。ところで、本シリーズに見田竜介さんのイラストは合わないような気がするが? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 読み人知らず

    デュダが初登場。ナイトウインド初登場。羽頭初登場。初物ばかりです。ここから発展していくんだものなあ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • yamon

    すっかり有名になってしまったナイトウィンドの物語。この短編はギャグというかノリでって言うのが多めなので、シリアスが好きな人向けではないかも。見田竜介のイラスト含めて。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ホームズ

    『ナイトウィンドの影』 『死せる神の島』に登場した怪盗ナイトウィンドの話。領主に加えられたしっぺ返しが(笑) 『鏡よ、鏡!』 迷探偵デュダ・シリーズ。まだリュークは子供なんだね(笑)迷探偵ぶりはなかなか面白かった(笑) 『神官戦士が六人』 「羽根頭冒険譚」シリーズ。やはり水野良が書いたものは、初期について言えば格の違いを感じるな。ラミアとの恋の話。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK