王女殿下はお怒りのようです 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

王女殿下はお怒りのようです 5

明かされる転生の真実――
著者: 八ツ橋皓 (著者) / 凪白みと (イラスト)
シリーズ:「王女殿下はお怒りのようです」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

明かされる転生の真実――

公爵家の領地において妹のクリスタと対峙したレティシエルは、未だ見ぬ『ドロッセル』の記憶に触れた。
『ドロッセル』の過去とクリスタの抱えていた想いを知ったレティシエルは、彼女へと歩み寄り、二人の関係は新たなものとなる。
だが、黒い霧を巡る謎が解決されたわけではない。ジークと共に、霧についての調査を続けるレティシエルは、自身を幾度となく襲撃した『白の結社』と、それを従える仮面の少年と相対する。
そして少年は、この時代において誰も知らないはずの名を呼んだ――
「君に会えることをずっと待っていたよ、レティシエル」
その邂逅が意味するものとは。
転生王女の最強魔術譚、核心に迫る第5巻!

みんなからのレビュー

  • ユウ@八戸

    4巻の事件でフィリアレギス家が爵位を剥奪され、ドロッセルは平民に。ドロッセルの環境はむしろ改善された感じだけど、ルヴィクとの仲がぎこちなくなったりレティシエルの過去が迫ってきたり、まだまだ不穏な4巻。私が期待しているヴェロニカ活躍の日はいつか。さておき、ドロッセル=レティシエルが自分のことをルヴィクに言えたのがよかったです。読んでる側はもどかしかった。恋愛的なあれもちらっとしてきたし、そろそろジークの謎が明らかになるんでしょうか。黒幕の言い分だと旦那さんも転生してそうなんだけどその辺楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    クリスタと新たな関係を結び、黒い霧について調査を続ける中、「白の結社」の首魁と邂逅する今巻。―――幾千年の因業の果て、再び二人は巡り会う。 前巻でより深くドロッセルを知り二人の人格の融合が新たな段階へ移る中、遂に宿業の因縁の二人が再会する、物語が新たな段階へ入った事を高らかに告げられる巻である。宿業、因業は果て無く止まらず、結社の思惑も加速する。激動の時代の奔流が続く中、レティシエルはこの時代の中、因果を越えて生き抜く事は出来るのか。次の戦いの舞台とその行方とは。 次巻も早めに読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ しばらく前からレティの前世を知ってる風など不穏な動きを見せていた黒幕。その正体まさか違うよね、と結構ハラハラさせられてしまった。場合によっては前世の想いと現世との板挟みになるかと危惧していたのだけれど。最初ドロッセルを自分ではない誰かと認識していたレティが、今や二人が同一人物である事に疑問も違和感も抱かなくなっている事に感慨を覚える。ここまで時間を掛けて前世と現世の自分をすり合わせていくのは珍しい方なんじゃないかと。しかし姉と妹、明暗を分けることにもなったなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル