ラグナロク:Re 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ラグナロク:Re 4

ついに明かされる――“闇の種族”の起源と悲願
著者: 安井健太郎 (著者) / 巖本英利 (イラスト)
シリーズ:「ラグナロク:Re」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ついに明かされる――“闇の種族”の起源と悲願

「“変異”したあたしたちを、人々は“闇の種族”と呼んだんだよ」
カイル、アーネストとともに“闇の種族”が集結する王都ソフィアへと帰還した我が相棒のもとにシュタール、そしてアングルボザが現れた。
そして老婆は語る。
“闇の種族”の目的は、王都の地下に眠る航宙船に乗り、生まれ故郷――地球へ帰ること。
“闇の種族”の起源は、ただの地球の人間であることを――。
だが、それが事実であろうとなかろうと関係ない。
私はラグナロク。リロイが握りしめる剣であり、“闇の種族”を滅ぼすための兵器、なのだから。
時代を超えて再構築された、バトルファンタジーの金字塔。第4幕。

みんなからのレビュー

  • 秋良

    闇の種族の目的がさらっと明かされる以外は、特に進展のない巻。だけどリロイとラグナロク、リロイとアングルボザ、ラグナロクとオルディエの会話がそれぞれ光る。オルディエ随分優しくなって。目的があるから何だ、人間だから何だ、売られた喧嘩は買うし攻撃されたら殺す。リロイの理屈は小気味良いくらいシンプル。なのにキルシェに「友達ってどういうの」って聞かれて言葉に詰まるのが笑える。そこは分かんないんかーい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Pustota

    今回も狂ったように戦ってるが、今回の主役はラグナロク。しかも兄妹で。毛色の違うバトルもなかなか楽しかったし、何よりこの共闘はアツい。二人の関係が随分イイ感じ。そしてしれっと色々明かしてきたり、過去のことを匂わせたりと、バトルの合間に気になるところをガシガシ詰めて来る。Reは刊行は遅くても展開は早い模様。次も早く読みたいものだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    カイル達と共にリロイが王都へと帰還する中、闇の種族の真実が語られる今巻。―――触れた真実が如何様でも、殺す事に代わりなし。 闇の種族の正体があっさりと語られその驚愕の真実が明かされる中、そんなこと関係ないとばかりにリロイが相棒と共に暴れ回る巻であり、いつも通りの血塗れの戦いが光る中、物語が更なる深みへと入っていく巻である。果たして真実が明らかとなる中、彼等の殺戮の道は何処へと続くのか。闇の種族の願いは叶うのか。そして、殺し回るリロイは最後にその手に何を掴むのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じお

    ★★★☆☆ うーん、微妙という感想。今巻、20年越しでようやく明かされる事実があるのですが、その明かし方が雑。あとがきで「別に隠す必要もないからアッサリ明かした」みたいな事を書いているのですが、だからって表紙裏のあらすじで出しちゃうのはちょっと…、演出ってものがあるでしょ。ストーリーの方もあまり進まず、肝心の戦闘もリロイじゃなくラグナロクの方がメインなのは新鮮だけど面白いかと言われると。敵も雑魚揃いなので、うーん。終わり方もかなりぶつ切りな感じで大分イマイチ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 眠れぬ夜に

    闇の種族の起源がしょぼかったのと、オルディエとラグ、キルシェとリロイの関係性が変わってしまっていたのが残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル