嘘嘘嘘、でも愛してる 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

嘘嘘嘘、でも愛してる 2

クリスマスで加速する、嘘だらけのヒロインレース
著者: 川田戯曲 (著者) / アシマ (イラスト)
シリーズ:嘘嘘嘘、でも愛してる(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

事故のときの記憶を取り戻した俺は、女友達の雪縫とクラスメイトの色町からクリスマスの誘いを受けていた。モテモテで羨ましい毎日だろ? でも、隠しきれるものではなかったんだ。俺の色町への好意は。

みんなからのレビュー

  • よっち

    事故のときの記憶を取り戻し、女友達の雪縫とクラスメイトの色町からクリスマスの誘いを受けていたくー助。クリスマスで加速してゆく、嘘だらけのヒロインレースを描く第二弾。前巻の決着からまさかの二巻目、少しずつ変わりつつある色町と、現実を突き付けられる雪縫霙、そして距離を置かれた花屋敷花蓮と、三者三様の複雑な想いが描かれて、苦しくても向き合うことを決めた雪縫霙の覚悟はなかなか印象的でしたね。妹相手にも大人げない色町には苦笑いでしたが、四人の関係がどういった結末を迎えるのか、今後の展開が気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    前回がミステリ中心だったのに対して、恋愛面を中心に展開される今回でした。『くー助』が好きすぎる紙織、霙、花蓮が示すそれぞれの「極端な」愛の形をハラハラしながら見守った感じです。特に今回は霙の想いを深く掘り下げられており、彼女の激しく動く心の様子と最後の決意は心に来るものがありました。霙とのやり取りが一番面白いなと思う。このラストシーンはもはや『霙エンド』と言っても良いのでは?と思うくらいに、恋人になったはずの紙織の存在が霞んでいたのがちょっと不憫…。ハラハラドキドキさせられた良いシリーズでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★まさかの2巻。どう続けるのかと思っていたが、まさかこうくるとは。表紙の通り、雪縫にフォーカスした内容。主人公の秘めた想いを知って恋心を捨てようとして、でも捨てることなんて出来なくてといった彼女の姿は、断片的な描写だけでも非常にクるものがあった。そして、最後には、強かな彼女にメロメロになる。ここで終わるのが勿体ないほど魅力的だった。ただ、ヤンデレを治すだの改善されてきただのと、まるで治さないといけないもののように扱っていたことだけが気になった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かっぱ

    事故の記憶を取り戻したその後を描くシリーズ2弾。この物語を蛇足だと捉える人も多くいるとは思うのだけど、それでも人を惹きつけて止まない嘘の上に成立した三者三様の熱情は触れることができて良かったと今は感じる。くー助が信じると言ったから確かな成長を見せた色町の心の在り方は一巻の物語があったからこそ映えるものだったし、なにより雪縫のスタンスがたまらなく好きだ。くーさんの味方だから。たったそれだけの言葉がどれほどの救いになっただろう。その熱に押されて変化の片鱗を見せた花蓮との関係性も非常に気になる爽やかな余韻だ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    恋は呪いに近いなと改めて実感。 ただそれでも己の感情と向き合い前に進もうとする彼女達に心動かされるものがありました。 取り敢えずくー助はホストになったら良いんじゃないかな? その場合確実に紙織は破産しそうですが(笑) 川田戯曲先生の次回作にも期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル