スパイ教室 03
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スパイ教室 03

失踪した4人の少女。最悪の結末は――。
著者: 竹町 (著者) / トマリ (イラスト)
シリーズ:スパイ教室(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

暗殺者《屍》の任務後、選抜組の少女たちが出会ったのは、記憶喪失で出自不明の少女――アネットの母。感動の再会に盛り上がる一同だが、それはチームを分断する残酷な運命のはじまりだった。

みんなからのレビュー

  • 海猫

    シリーズ第3弾にして絶好調の面白さ。テンポ良く読みやすく、アクションあり、異能バトルありでエンターテイメント性が高い。それ以上に心理戦や駆け引きといった「騙しあい」が緊張感あって、読ませる。この「騙しあい」は作中の登場人物がやっているだけではなく、著者が読者に、仕掛けてきているものでもある。3冊目なので警戒しながら読むものの、またしても予想の上をいかれた。趣向の凝りようが、凄い。スパイ少女たちのキャラも把握出来てきたし、次巻が全員集合の集大成ときては、今から楽しみ。ファーストシーズンの終幕を、見届けよう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    任務から帰還したリリィたちが知る選別組の少女たち4人の失踪。暗殺者《屍》の任務後、選抜組の少女たちが記憶喪失で出自不明の少女・アネットの母と出会う第三弾。ティアやモニカ、アネットといった個性豊かな残留組のキャラもなかなか濃い感じでしたけど、任務後に遭遇したアネットの母と遭遇したことで直面する方針の食い違いと対立、それを乗り越えての共闘はなかなか良かったですね。それにしても彼女もまたアレでしたけど…アネットの際立ったインパクトが最後に全て持って行った感がありますね。チーム灯が全員で挑む作戦行動も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    前回の《屍》事件の裏側とその後のエピソード。街中を舞台にした陰謀あり、駆け引きあり、バトルありで、王道スパイアクション映画を見ているようなハラハラ感を楽しんだ今回でした。ティア、モニカ、アネット、エルナがそれぞれの『特技』を存分に発揮し大活躍。特にモニカの万能さには舌を巻きました。エピローグで生徒の名とその特技がまとめられているのが、まさに全員集合という感じで巧い表現と感じました。さて次回は第一章の終幕編ということで、『灯』全員で挑むミッションがどうなるか、今から楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    前巻ラストにて選抜組四人が失踪した事が明らかになる四日前、任務を終えて休暇を満喫していた四人の前に現れた人物は…、そしてクラウスもリリィを引き連れて行方を追うが…というお話です。三冊目ともなるとそう簡単に騙されてやるもんかと警戒しながら読んでいたのですが、最後の「お母さん」関連でやはり騙されてしまいました…w 成程、…がお母さんと聞くと今巻でのスパイとしてはどうかとしても、選抜チームを纏め上げた彼女らしい表現だなと思えました。そして次巻はいよいよ「灯」全員での作戦行動、どんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    前巻の裏側に起こったこと。地味な話になるのかなという不安を吹き飛ばすスパイの非情さが描かれていて、より作品に深みが出てきて良いですね。癖者達をまとめるティアや割り切れないモニカが主役でしたが、さらに上をいく表紙のアネット。次巻は全員揃い踏みということで楽しみ過ぎます! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル