外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者 4

「普通」の生活を求める「最強」、今度は国の立て直し!?
著者: ケンノジ (著者) / KWKM (イラスト)
シリーズ:外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

名実ともに冒険者ギルドのエース職員となった元・伝説の暗殺者ロラン。そんな彼が今回挑むのは、かつて助けた少女にして王女・メイリの暮らすバーデンハーク公国の復興の指揮を取ることで――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • eucalmelon

    とうとう出てきたか、ロランの師匠。この流れで行くと裏ギルドの殺し屋殺到→殲滅→師弟戦が勃発となるんだろうか? 周りが美女で溢れたロランだが、見方によっては一部感情が欠落した、空気が読めない、変な職員なのだが、有能で美形ゆえにOKだよってなってるような・・・。かっこよければ許される、これが暗黙のルールなのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如月魅冬

    4巻はほぼバーデンハーク公国編でした。メイリことエイリアス王女も元気に、復興中の公国で冒険者として活動開始していていいですね。ロランの暗躍も相変わらず冴え渡っていましたが、巨大な陰謀は5巻でも続くようで今後の展開も気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040735993

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK