マジック・メイカー 異世界魔法の作り方 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

マジック・メイカー 異世界魔法の作り方 1

魔法がないなら作るまで。目指すは異世界魔法のパイオニア!!
著者: 鏑木カヅキ (著者) / (イラスト)
シリーズ:マジック・メイカー ‐異世界魔法の作り方(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔法への憧れを抱いたまま死んだ男は、気づくと異世界でシオンという名の赤ん坊に生まれ変わっていた。異世界ならば魔法が使えるかもしれないと期待に胸膨らませつつ成長した彼は、期待に反してその世界には魔法が存在しないと知る。
絶望するシオンだったが、ある日姉のマリーと訪れた湖で彼は“まるで魔法のような”不可思議な現象を目撃して――。
「諦めるにはまだ早い。魔法がないなら、自分で作ればいい!」
シオンは魔法の研究を始め、周囲を巻き込みながら着実に前進していく。飛び出す炎、走る稲妻――すべては前世からの夢である『魔法』を使うために!
目指すは異世界魔法のパイオニア!? 浪漫を求めて、少年は異世界を生きる!

パートナーのおすすめレビュー

  • 「ものづくり」なんてレベルじゃない! ゼロから「魔法」を創造するよ!!

    ノエル
    ノエル
    現代世界で生きてた頃から、ずっと魔法に憧れてたシオン。彼は転生した異世界にも魔法がないことを知って、深く落ち込んじゃうんだ。けど……魔法がないなら、自分で作っちゃえばいいよね! そんなわけで、シオンはゼロから魔法の創造に乗り出すの!

    シオンが転生した世界には魔法がないから、当然魔力も存在しないんだ。だけどそこは、文明も発展途上。現世にはない現象や、解明されてない法則なんかなら、見つけられることもあるんだよね! 

    そうやって発見したひとつの力を、「魔力」と自分で名付けてしまったシオンは、この力は操れるのかな? 操れるのならどうやればいいのかな? なんて考えながら、未知の力を扱う方法を研究していくの! 誰も知らなかった力の法則を、自分で一から組み立てようとしていくんだよ? 興味深いし見てるだけで楽しいしで、もうわくわくが止まらないんだ~! 

    もちろん、未知の力を研究してるんだから、魔力で火の球を作ろうとして自分の手に引火! なんて失敗もたくさん。だけどそのぶん、浮かぶ火の球やほとばしる電流といった、魔法のカタチができあがった時には、シオンがずっと抱いてた夢や憧れが報われたみたいで、こっちまでうれしくなっちゃったな!
  • 好きな研究に勤しむ主人公と優しく見守る家族。そんな優しい世界がうれしいです

    つむぎ
    つむぎ
    魔法というロマンあふれるものを使ってみたいと、長い間本気で願ってきたシオン。その憧れの強さは、「30歳まで童貞なら魔法が使えるようになる」という都市伝説を、大真面目に実行してしまうほど! いくつもタイマーをセットしてまで誕生日の瞬間を待ち望む彼には笑ってしまいましたけど、魔法が本当にあればなあ、なんて、誰もが一度は考えちゃうことですよね。

    そんな魔法への憧れは、魔法が存在しない異世界へ行っても強まる一方。そんなところで魔法開発の研究に没頭するシオンの姿はやっぱり変人で……でも、異世界で新しくできた彼の家族たちは、そんなシオンに温かく接してくれるんです。

    幼いながらも弟のシオンを守るために身体を鍛え、魔法の開発でも自ら手を貸してくれる姉のマリーや、危ない実験もためらわないシオンを心配しつつも、男の子のロマンに理解を示してくれる父。この世界にも魔法がないと知り、年齢不相応な無気力に陥っていたシオンを立ち直らせるのも、そんな家族の温もりなんです。魔法があろうとなかろうと、そういう愛情深い人たちに囲まれたシオンはすごく幸せそうで……なんだかとても、心がぽかぽかする空気に満ちているお話でしたね!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • hotate_shiho

    魔法に憧れて死んだ男が転生したのは、魔法のない異世界。魔法を使いたいシオンは、自分で研究を始める。姉のマリーや友達のローズに手伝ってもらいながら、研究をする。ゴブリンが村を襲い、シオンは魔法でゴブリンを倒す。魔法の研究が父親にバレたシオンは、説得して研究を続ける許可を得る。 シオンの魔法に対する情熱、凄いなぁ。使えるようになるなんて。ガヴェインも、シオンの想いをしっかり聞いて、研究をさせてくれていいお父さん。エマも、頭ごなしに怒らないのがいいなぁ。マリーもいいお姉ちゃん。めちゃくちゃ面白かったー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    魔法について解析・実験・研究する部分は面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/05/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040646558

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK