ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。 5

最強魔導士ラック、ヴァンパイアの【真祖】と激突する!!
著者: えぞぎんぎつね (著者) / DeeCHA (イラストレーター)
シリーズ:「ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。」シリーズ(GAノベル)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

昏き者どもの拠点をつぶし、水竜の集落を救ったラックたち。

彼らは、昏き者どもに対する総攻撃と同時に、ラックたちが不在の王都にも
敵の襲撃があったことから、どこかに密偵がいるのではないかと疑い始める。

議論の末、狼の獣人族の村に出入りする物売りなどが怪しいと判断したラックは、
ケーテの背に乗せてもらい、そこに向かうことにしたのだが――。

「……お、男の人の前で裸になるなんて! ハレンチだわ!!」

人型から竜になろうとしたケーテを見て、セルリスが絶叫した。
竜の姿になったとき服を破らないよう、ケーテは裸になってから変身する習慣なのだ。

そうして、ひと悶着ありながらも、狼の獣人村に到着したラック。
果たして懸念は的中し、彼は潜入していた密偵を始末したり、ヴァンパイアたちの襲撃を退けていく。

だが、事態はそれだけで終わらない。

今回倒したヴァンパイアの死骸から、王都を丸ごと吹き飛ばせる威力を持つ魔道具と、
敵が次々現れる魔法陣を見つけたラックは、それらを処理しつつ、迷わず彼らが出てきた魔法陣へと飛び込む。

果たして、そこでラックを迎えたのは……比類なく強大なヴァンパイア・真祖!!
王都の民を丸ごと生贄にするつもりという真祖とラックが――いま、激突する!!

元・勇者パーティーの最強魔導士ラックが、愉快で強い仲間たちと、時にのんびり、
時に無双して楽しい毎日を過ごす大人気ストーリー、第5弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • etorm

    ペンネームがえぞぎんぎつねなのに大阪在住だったことが明かされる衝撃のあとがき 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/05/15
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784815606084

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK