白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE はじまりの罪
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE はじまりの罪

ゲーム公式ライター完全書き下ろし!あの大人気シナリオがついにノベル化!
著者: 飛山 裕一(コロプラ) (著者) / もねてぃ (カバーイラスト) / 福きつね (口絵・本文イラスト) / コロプラ (原作)
シリーズ:白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE ~はじまりの罪~

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

この世界には天空に浮かぶ『白の王国』、地を這う『黒の王国』が均衡を保ちつつ循環していた。しかし、その均衡は魔獣バールによって崩され、二つの国は共闘することに なるが、あらゆる陰謀がうごめき――?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • るな

    やっと読み終わりました。ゲーム内のストーリー飛ばしがちだったので脳内補足にも良かったし、ところどころくすっと笑えるところもあって、面白かった。でもやっぱりこれは泣きますね。切ない。アイリスは本当に過酷な運命を背負っている(いた)んだなぁと改めて思いました。白猫プロジェクトはゲーム内ストーリーを飛ばしがちだから、メインストーリー13章も読まないとだなぁ。アベルのくだりもちゃんと読めてないし、改めて復習しないと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • welnekowc

    最近は白猫を殆どやってなかったにも関わらず、書店で見かけて思わず手に取ってしまった書籍。 ゼロクロニクルはまだバリバリプレイしていた頃のものだったからしょうがないよね…w ただ内容は、描写表現があまり好きではなく、序盤は読み進めるのが少し億劫だった。 中盤に入る前くらいから慣れだして、各キャラ視点で心情がわかっていったのは新しい発見もあって笑えたし楽しかった。 グローザはあまり出番が無かったのが残念。 黒の国の商人のおじさんはいい味出してて好きだった。 アニメは観ていないから、復習で観ていこう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みかん☔

    おもしろい。ストーリーがダイナミック。また本編は群像劇となっている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水城

    ゲーム引退したけどゼロクロストーリーは好きなので読めて良かった 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/04/01
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784041092576

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK