痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 9

危険度MAXの本戦サバイバルに、最強ギルド同士でドリームチームを結成!
著者: 夕蜜柑 (著者) / 狐印 (イラスト)
シリーズ:痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

全員が強力なテイムモンスターを得て一段と強くなった【楓の木】は、ついに本戦に臨む。初日から殺人トラップ塗れのダンジョンを作り上げ運営を慄かせる中、【集う聖剣】と【炎帝ノ国】から共闘の申し出が届き――?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ナオフミ

    ずっと気になっていた登場人物達の夢のタッグ!わかってはいた、わかってはいたがやっぱりツエーー!!いつものイベントとは違い周りと協力して生存しそれぞれがライバルとして良きフレンドとして助け合っていく姿はとても微笑ましく楽しい気持ちになりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    skillとか詰め込み過ぎな気がする。ギルドメンバーをシャッフルするのは面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • skikku

    今回な8回目イベントの本戦!予選では個人戦だったが本戦では仲間と協力してするはずだったはずだが強制転移によって仲間とはぐれはぐれた別のギルドメンバーと出会いそれぞれパーティを組んで生き延びると。楓の木と集う聖剣と炎帝ノ国の最上位ギルドの主要メンバーが集まり全員で協力しての攻略は読んでいて楽しかったな〜ギルド別ではなく混成パーティでいつもと違いながらも楽しく攻略!いつもはガチ攻略しかしていなかった奴らが楓の木のメンバーと一緒に戦う事でいつもとは違う楽しさを味わったりドン引きしたりと良い話でしたよw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆう

    今回は共同戦線はれていたので、みっつのギルドで上手くやれたのが良かった。普段の絡みがあまりないところ(ユイとかマイは特に)のやり取りが見れたり、個人的にマルクスとイズのコンビが好きでした。生産職とは?とはなるけどね。あと三日目の強化モンスターに対してのプレイヤーの対応に笑ってしまった。モンスター側のやべぇやつには、プレイヤー側のやべぇやつあてろ議論確かに過ぎてしまいました 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S

    ついにギルドメンバー以外が表紙にくるとは。一冊まるまる第8回イベント回。冒頭のメンバーステータスに楓の木以外が載ったこと、最後に店舗特典SSが収録されたことはありがたい。こういう特典SS収録してくれる出版社好き。中身は二大ギルドとの共闘。ミィとペインとイズの火力がやばいなぁ。防振りだから仕方ないんだけど、やっぱりメイプルには火力で押す爽快感がなくてつらい。大規模レイド戦みたいな感じだったけど、本格的なレイドイベントがあってもいいねぇ。二大ギルドの名前が出てこないモブメンバー達の強さが気になるところ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040731186

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK