メニューをどうぞ 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

メニューをどうぞ 3

ドラゴンステーキに魚介のグリエ、ディナーの指導は師匠の腕の見せどころ!
著者: 汐邑 雛 (著者) / 六原ミツヂ (イラスト)
シリーズ:メニューをどうぞ(カドカワBOOKS)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

異世界の料理人として各国で大評判の栞。妖精族の姫の思い出の味を再現したり、絶品サンドイッチを朝食として提供したり……そしてレストランをより充実させるため、人員補充と弟子たちのレベルアップを図り――!?

みんなからのレビュー

  • TAMA

    なかなか読み進まない本。個人的に「あれやこれや考えてしまう本」と「先の心配がない本」は長く読めない。飽きっぽい自分に反省とじっくり読んでる人に尊敬を。読み終わった本ももう一回新鮮に読めてしまうところは我ながらお得だと思う。あと半分、読んだら、中身の感想書きに来ます 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆり

    甘い豆のシチューにクリームコロッケバゲットサンドに、相変わらず異世界ごはんがとても美味しそうで料理人として妥協せず高みを追い求め続ける栞さんも見ていて気持ちがいい。リアとディナンもますます成長してきていて頼もしい。ディルギット・オニキスの過去がまたひとつ紐解かれて、もしや栞さんとマクシミリアン殿下にもっと直接的なかかわりがあるんだろうか。最後の最後の両者の気持ちの相違が不穏。ソーウェルさん気さくで頼もしいしオーサも最終的には立ち直れて良かったな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • fap

    「あなたも異世界へ行きませんか。 戦士の方、募集中。 魔道士の方、募集中。 盗賊の方、募集中」 「料理人の募集はないようだ」 新しく人が入ってきたり、去りそうになったり。 生まれの違いが育ちの違いになることは仕方ない。 落ち込んだりもしたけれど、元気になってよかったよかった。 来る者は拒まず去る者は追わず、を地で行く主人公は厳しいのか優しいのかさて。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆう

    あながち意思の疎通が出来ているだけに、考え方というか、思惑というか、齟齬が生じているのに気づいていないのは、常識のすり合わせを行っていないからっていうのも大きいよねぇ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Keid

    おもしろいんだけど、あまり話に変化はない1冊か。Webにかなり追いついてきたけど、連載再開するかな?シリィの初恋の相手がヴィルギットに関係あるような気もするけど 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/12/10
  • 定価
    1200円+税
  • ISBN
    9784040734132

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル