エステルドバロニア
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

エステルドバロニア

最強の魔物国家を統べるは人間の王! 非力な王の苦悩の物語が今始まる!!
著者: 百黒 雅 (著者) / sime (イラスト)
シリーズ:エステルドバロニア

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

VR戦略シミュレーション『アポカリスフェ』の頂点に君臨する男はある日、プレイ中に突如として激しい頭痛に襲われ、意識を失ってしまう。
ふと男が目を覚ますと、そこはゲーム内で作り上げてきた魔物国家エステルドバロニアの王城であり、自らの姿は人間でありながら魔物の王である"カロン"そのものだった。

このゲームに酷似した異世界で生きていくことを余儀なくされたカロン。彼は強力な魔物たちを従える立場にありながら、自身は非力なただの人間であるという事実に恐怖するが、気持ちを奮い立たせる間もなく国の緊急事態に対処することになり……!?

連載時からの大幅改稿に加え、書籍だけの特別短編『王の知らなかった彼女たち』を収録!

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 異世界転移もの。 そこそこ。戦略ゲーム題材は、キャラが多くて紹介シーンに時間がかかるのと、忠誠度の高い配下=太鼓持ちになりがちなのが気になりますね。主人公がかなり慎重になってますが、そこは理解できるので良かったかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    たまに見掛けるオーバーロード系譜の作品。まだ1巻で、名前持ちキャラクターも多いからまだ誰がどういうキャラなのか分かっていないのに、やたらと視点チェンジされて「えーと、君誰だっけ?」ってなるシーンが多くてちょっと閉口した。1巻は主人公視点で世界観やキャラクター紹介に集中した方が良かったんじゃないかなぁ。2巻を読みたい気にはならなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽち

    コミック版→WEB版→書籍版。コミック版の感想でいろいろ書いときながら結局いつも通りのルート。文章のほうが面白い。というか、キャラが出そろってからのほうが絶対面白い。ビジュアルも書籍版のほうが好みかな(若め)。魔物たちの設定全部カロン様一人でやったとしたら大したセンスだわ。カロン様のMMO駄目な理由にとても親近感(笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • RainDrop

    「最弱の人間王」と「最強魔物家臣群」の組み合わせ。弱い王様が家臣たちにめちゃく慕われながら、ヘロヘロになりつつがんばるお話。王様がヒロインという点がとくに好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nas

    好きだな。主人公に戦闘能力が無いオーバーロード。戦闘能力が無い主人公好きなのよね、2巻は出るみたいだしwebの先まで続いてほしいところ。あとwebに比べて結構な加筆修正がある 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/09/30
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784047357280

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK