聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました

メシマズ異世界で皆の胃袋わし掴み……したら誰も私に逆らえなくなった!?
著者: 神山りお (著者) / たらんぼマン (イラスト)
シリーズ:聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました(カドカワBOOKS)

あらすじ紹介

「俺が喚んだのは【聖女】であって【ブタ】ではない!!」
 聖女召喚された莉奈が聴いたのはまさかの罵倒だった。おまけに王宮で出されるご飯も全然美味しくない!
 異世界への怒りが爆発した莉奈は、王宮の厨房を貸してもらい、せめて自分のご飯くらいは自分で作ると決意する。
 しかし莉奈の料理が美味しいとすぐさま王宮中で大評判! 美形な王族たちまで虜にしてしまう。莉奈の料理を皆が待ち望む王宮で、自由気ままな異世界ライフが幕を開ける!

パートナーのおすすめレビュー

  • 現代知識を活かして、異世界の住人たちの胃袋を掴みます!!

    つむぎ
    つむぎ
    突然、異世界に召喚されてしまった莉奈さんの目下の悩みは、食事が美味しくないことでした。パンは固く、味の薄いスープはまるで野菜の水煮のよう。そこで莉奈さんは現代知識を活かして、料理の味の大改革に着手します。

    りんご酵母を使って固いパンは柔らかく。自ら王宮の厨房に乗り込んで、捨てられるはずの鳥ガラからちょっとした工夫で鳥コンソメスープに仕上げます。他にもプリンや唐揚げ等、異世界にはない料理を莉奈さんは次々と作っていくんです。

    そして、見たことのない料理に目を輝かせる異世界の人達が、とっても微笑ましいんですよ。美味しいものを食べた時の幸せが伝わってくる反応には、こちらまでお腹が空いてしまいそうです…!

    そのうちお城で働く人達みんなが莉奈さんの料理を食べたくなってしまい、お皿を持っての大行列ができちゃいました。ですが、莉奈さんは好きな時に自分が作りたい量を作るだけ。すると、莉奈さんの料理をかけたじゃんけん大会の開催です。その盛り上がりたるやある意味、彼らのほうが莉奈さんに振り回されているのかもしれませんね。

    異世界の住人たちの胃袋を掴んで離さない王道グルメものの楽しさが、たっぷり詰まった物語ですよ!
  • 異世界での賑やかな生活が、莉奈を笑顔にするの!!

    ノエル
    ノエル
    莉奈は聖女として異世界に召喚されたんだけど、ちょっぴり生意気な少年、エギエディルス皇子からは「見た目が聖女らしくない」と言われちゃった! でも、そんな失礼な発言に莉奈は黙っていないの。

    勝手な都合で自分を召喚した皇子を言い負かして、きちんと反省させちゃうんだよ。王族相手でも堂々とケンカできる莉奈は、サッパリしていてすっきりするの! しかも、皇子の長い名前を「エド」って略して気安く呼んだりするから、周りはいつもヒヤヒヤ。皇子たち王族からしてみれば、莉奈の態度は新鮮で楽しいみたいだけどね!

    そんな元気いっぱいな莉奈だけど、異世界転移する前には車の事故で両親と弟を一度に亡くした悲しい記憶があるの…。だから、仲直りした後のエドのちょっとした仕草や笑い方に弟を照らしあわせちゃうこともあるんだよ。なんだか切なくなるの…。

    だけど、エドが莉奈を寂しくさせないように、不器用ながらもそばにいてくれるの。ホントは優しい子なんだね! それに莉奈の料理を食べたときは、素直に「美味しい!」って喜んでくれるから、莉奈といっしょに笑顔になれちゃった!

    異世界での賑やかな生活が、莉奈の心の傷をちょっとでも癒してくれたらいいなぁ。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 本夜見

    『俺が喚んだのは【聖女】であって【ブタ】ではない‼』勝手に召喚しといてこの言いぐさ。太り気味なのも家族を事故で喪ったストレスだし。聖女=美女と思い込んで召喚したのか、嫁探しじゃあるまいし。男のロマン詰めましたってな話じゃない、拉致誘拐だ。召喚した奴が生活費を出せ、税金や国費使うんじゃなくて。勝手に召喚しといて何で此方の世界を救う義理がある?……これまで何で言わないんだと思ってた「異世界召喚モノ」のタブーが出るわ出るわで痛快。パンが硬いと林檎で酵母作り……仕込んだまま出てこないってことは続き有りなんだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    美味しいとか言ってもくれない人達に毎日ご飯作ってると、褒めてほしい願望がこういう作品たちを選ぶのか自分?。埒もないことを思いつつ、鶏がらスープの作り方、粉末中華スープばっかり、多分一生やらないけど。鰹だしすら怪しいこのごろ。おいしいと言わせるくらいやってやろうかしらん。しかし、ただ一人生き残った女の子にそこまで言う周りってすごいし、止める人もいない。召喚やむなし。それでも痛む傷とバシバシ周りに言う主人公ちゃん。負けてない! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    読んだこと忘れてもう一回読んだ。シチュー。鳥ダシ。プリン。チーズチップ。アイスクリーム。意外とこの国で一番強いのはシュゼル王子かも。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サンゴ

    ぽっちゃりヒロイン料理無双 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dorimusi

    Kindle Unlimited. 特に可もなく不可もなく。何がしたいストーリーなのかはわからんけど。 リナの服の描写があったかどうかよく覚えてないけど、王城の客室にいる女性に与えられる服装じゃないよね?と絵に違和感が・・・ あと料理を作ってる時の受け答えの言葉に微妙にイラッとさせられた。つまりあってないのかな。。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

食欲の秋 おながが空いちゃうライトノベル

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/09/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040733456

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK