宵の国戦記 暴蝕の森 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

宵の国戦記 暴蝕の森 2

人魔大戦、開戦――人類対四体の魔族。数千年不落の最強たちが牙をむく。
著者: 長月 東葭 (著者) / こぞう (イラスト)
シリーズ:宵の国戦記(ドラゴンノベルス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

遂に始まってしまった人類と魔族の全面衝突。全方位から襲い来る人類を、たった四体の魔族が迎え撃つ――が、そこは彼ら”最強”の領域。数千年不落の最強たちが牙をむく。そしてゴーダは、逆転のため動き出す。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    ゴーダ達の奮戦も空しく史上最大の人魔大戦が開戦してしまう。軍勢が宵の国へと侵攻してくる中それを迎え撃つ魔族達の圧倒的戦力が人類に牙を向く。魔族の圧倒的な力の差がやばすぎるやろ100人ほどで一万の軍勢を壊滅させたと思ったらゴーダ一人で4万人を瞬殺って。カースは一番微妙かと思っていたのにとんだ隠し球持っているとは。またまた意に背いて動いたゴーダだったが今回は上手い事良きこれがどう影響をもたらすのか楽しみ。次巻は魔女狩りらしいがローマリアの力の一端がどんなもんか非常に気になるわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ブラフ

    ゴーダとシェルミアによる人魔両国の和平工作は失敗に終わり、明けの国は宵の国へ東西南北から進軍を開始する。今巻では、ゴーダの守る東の国境とカースの守る南の暴蝕の森での戦闘。東の国境線での戦闘はゴーダ率いるイヅの騎兵隊の戦いぶりが小気味いい。しかし、この巻の大半を占める暴蝕の森での戦闘は苛烈、凄惨でニールヴェルトの狂気と相まって陰鬱としている。さらに「真のカース」の出現。そして、ゴーダとベルクトによるシェルミア救出。シェルミアが表舞台に再登場するにしても、現状では宵の国との戦争に介入するにはかなり大変そうだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ききぞう

    上質なダークファンタジー。続きが出ていないのが残念です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK