緋弾のアリア 3 蜂蜜色の罠
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

緋弾のアリア 3 蜂蜜色の罠

大スケールアクション&ラブコメディー第3弾!!
著者: 赤松中学 (著者) / こぶいち (イラスト)
シリーズ:緋弾のアリア(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアと、そのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジの前に、峰理子が再び帰ってきた。「一緒にドロボーやろうよ!」という怪しい依頼にためらう二人だったが、理子のたくみな口車に乗せられる形で協力することになってしまって……。罠がひしめく館から、リュパン家の秘宝を盗み出せ!! 敵組織のナンバー2『無限罪のブラド』がいよいよ出現――。絶体絶命の大スケールアクションアンドラブコメディー第3弾!!

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • スー

    1巻のハイジャックでアリアとキンジを亡き者にしようとした「悪い子」理子が武偵高に舞い戻り、ハニートラップを駆使しつつ母の形見のロザリアを盗み出す為に二人に協力を求めた『大泥棒大作戦』の第三弾。表向きはエロ策士な理子に隠された、負の遺伝子を持つが故に繁殖用雌犬として監禁されていた暗い過去に、ひたむきな努力、そして助け合う仲間がその血の呪いを乗り越えてプラドを撃ち倒す様が痛快。折々に語られるアリアに対するキンジの想いも良い。ラストは兄、金一がヒステリアモードを自由に操れる理由「カナ」とアリア殺害が予告される。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    【整理】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不以

    騙しにいって本気になってな理子めちゃくちゃ可愛い。"どうか名前を呼んで"ってシチュエーションにとかく自分は弱い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しょう

    メイド 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヴラドの扱いが作品によって違うのが面白い。最初にヴラドを知った作品だな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/03/31
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784040664132

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK