ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!

平凡な青年がサポートするのは魔王を倒した勇者、賢者、魔女!?
著者: 嬉野秋彦 (著者) / ジョンディー (イラスト)
シリーズ:ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

コネも金もなく王都で仕事にも就けずにいた青年ビム・ユンカースを拾ったのは、“ひだまりの館”に勤める美女ブルーベルだった。代表は王妃、同僚は美女、仕事内容は魔王大戦後、失われつつある“技術”をもった老人たちに仕事を斡旋すること。その中でユンカースの役割は老人たちの仕事を補佐することだったが、彼が同道することになるメンバーははかつて魔王を倒した勇者、魔女、賢者のパーティだった! それゆえ斡旋される仕事も、現役騎士団すらも太刀打ちできないであろう魔物退治ばかりで――!? 一癖も二癖もあるけど、最強の“技術”を持つアラフィフ勇者パーティと、未来ある青年の新たな伝説サクセスストーリー!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しぇん

    ファンタジーに現代風な社会の闇も詰め込んでみたみたいな?老人の働く問題や子ね社会問題など。嬉野先生の毒素の強いキャラは抑え気味なので不快なキャラはいない反面、一巻だと物語が薄味になりすぎてる気がしますね。設定的に続けば面白くなるかもしれませんが、多分続きでないでしょうし…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ 異世界シルバー人材センターだこれ。現代だと50代は働き盛りだけれど、平均寿命60歳という社会ならそりゃ最晩年だわなあ。かつての栄光に背を向け、今や孤独な老後を迎えている勇者パーティーなんだけれど、それを自分で選んで受け入れている彼らを寂しい老後とは言いたくないな。そんな彼らでも、後を継いでくれる若者が現れれば嬉しいのだろう。ユンカース君がその後継者とはとても見えないのだけれど、あの狷介な老人たち相手に心折れない図太さと鈍さは実際大したものじゃないか。あの余計な一言の多さは友達居なさそうだけどw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/12/27
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784047354319

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK