銭の力で、戦国の世を駆け抜ける。 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

銭の力で、戦国の世を駆け抜ける。 6

信長の願い虚しく、織田と津田、決別の時を迎える
著者: Y.A (著者) / lack (イラスト)
シリーズ:銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

織田信長が世を去り、その嫡男信忠が跡を継ぐことで歴史は再び紡がれていく。
葬儀後、信長の遺書を通じ、神社仏閣の増改築事業を信忠の手柄とすべく、光輝は淡々とその使命を全うしていく。
どうしても手の回らないところは、個人的な嫌悪を度外視して細川幽斎に協力を仰ぐ光輝。
だが、当の幽斎の光輝嫌いはどうにもならない域に達しており、仕事はするものの一人悪態をつき続けるのであった。
そして思いもよらぬ信忠の急死、さらには織田幕府と津田家との関係に決定的な溝が生まれるや、光輝の落胆と幽斎の憎悪は戦へと姿を変え、両者を決戦の地、関ヶ原へと誘うのであった。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    織田信長が亡くなって2代目も急死し、その次の子供が3代目になったが傀儡になってしまう。 そして、津田家の所領に手を出して来た。それをキッカケに津田家は織田家と争い内乱へと突入。決戦前夜で終了。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 美周郎

    史実の有名な合戦の桶狭間と関ヶ原は両方とも一日かからず決着したが、この作品では津田の戦になった関ヶ原はじっくり時間をかけた開戦前の謀略戦が見せ場。今までも古いタイプの武将がバタバタ倒されていたが、そこに滅びの美学的なものを特に見せない作者さんの非情さが良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    戦国自衛隊みたいだとは思ってたんだけれど。銭と書いてインチキと読ませる、経済戦にもガッツリ突入しつつ。場所も事件も名前も人の出も毎回よくここまで調べたなあと。そろそろ手を引いて帰るのかな(どこへ?)と思ってたので全面戦争に入って少しびっくり。関ヶ原、貨幣経済、奇手を打つ大名。人の名前が変わっても時代が動く方向は同じかと 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 細川幽斎の傀儡と化した織田将軍家と、主人公津田光輝がついに全面対決。かつての戦友たちが続々と津田配下に入り、さてどうなる? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    細川幽斎が専横を極める織田幕府と遂に袂を分かった主人公。一気に叩き潰すのかと思ったら、関ヶ原で睨み合いしつつ、制海権を奪い、経済戦争をしかけ、と搦め手の攻撃に終始。柴田勝家はようやく戦死してくれたが、ちと盛り上がらない巻だった。最終巻である7巻はすでに読んでしまっているのだが…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/07/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040699592

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK